検索ボックス
 

2017年06月17日

古いSONY

僕はついつい、モノをため込んで、捨てられず、とにかくガラクタを抱え込んでしまう癖があります・・・
デザインすること、美術鑑賞、きれいなもの・・・そういうことが好きなのに、自分の部屋はどうしてもモノにあふれてごちゃごちゃに・・・もっと生活感を出さずにこじゃれた空間で生活したいのに、、

というわけで、時々不要なものの選別や廃棄作業に励むことになります。

しかしアルアルねたですけれど、古い本や資料を捨てようと思うと、それを読み込んでしまい、またしまいこんだり、ずっと着ていないのに捨てようと思って試着してみたらやっぱりとっておこうってなったり。

そんな断捨離の一つが音源や写真などの整理です。

今回は、古いカセットテープ類。
昔ライブやっていたころのステージ録音だったり、東京で仕事していた時のセミナーの録音だったり・・・
そんなカセットテープ類もけっこうバカにならないスペースをとっています。それなのに、カセットテレコで聴きかえすなんてことはもやはしないわけで・・・

なので時間のある時にPCに取り込んで、デジタルファイルに変換・保管作業したりします。

まずカセットテープ。カセットテープのごく初期のころには、小径オープンリールをそのまま2つつなげたような大きなカセットテープなんかもありましたが、さすがに現在手元に残っているのはコンパクト・カセットといわれて、もっとも普及したあれね・・・

WalkmanProJweb.jpg

主に、自分が若いころにステージで演奏したものがほとんどでした・・・
再生する機材も、もう、いつ壊れるか・・・壊れても修理部品、ないだろうなぁというSONYのWALKMAN PRO。

一世を風靡したウォークマンのハイグレード仕様のやつです。

さすがに当時の製品なので、デジタル変換なんて発想もないから、まずはこれで普通に再生して、それをPCにLINE入力。あとはファイル変換できる音声編集ソフトでMP3なりWAVなり、デジタル形式に変換する流れ。

じっさい再生しないといけないので、それこそ90分テープ一本変換するのにまるまる90分+アルファの時間がかかる・・・
自分のむかしの、そしてその多くは下手くそな演奏など、うえ〜っと思いつつ、聴き込んでしまうんですね、これが。

カセットテープ、なんだかんだで30本以上あったので、3か月くらいかかりましたかね・・・全部テープを捨てるのに。



次は保管場所はそれほど取らないんだけど、こちらも捨てるに捨てられない音源。

SonyNT1DigitalMicroRecorder02Jweb.jpg

これ、ご存知ですか?
前述のコンパクト・カセットなんかよりはるかに音質高くて劣化しない、デジタル録音なんですよ・・・

で驚くのがこのサイズ・・・
このテープなら、一番安い封筒(今なら92円でしたっけ)で郵送できちゃう。
だいたいテープ1本が、郵便切手1枚ほどのサイズ。

SonyNT1DigitalMicroRecorder01Jweb.jpg

このカセットのテープ露出部分はカバーされていて、プレイヤーに挿入すると、ビデオテープのようにカバー部分が開いて、同じくビデオテープのヘッド部分がテープ側に押し込まれるようにロードされるという、このサイズでなんてすごい複雑なことをしているんだ!さすが、当時のSONYという驚きのデジタル・マイクロ・レコーダーでした。

SonyNT1DigitalMicroRecorder03Jweb.jpg

上の写真はテープ挿入口の内部。本体の奥に、ビデオレコーダー回転ヘッドのようなものが見えますね。これがビデオと逆パターンで、カセットテープ側に押し込まれてきてテープをスキャニング、デジタル記録の読み書きするんですね。


昔の講演録音とか・・・
自分のも若干ありますが、多くは親父(先代)の講演でした。主に120分テープで20本くらいかな。
こちらもPCに取り込む際には普通に再生(1倍速)しないといけないので、延々時間がかかりました。


それにしても思うのは、このころのSONYってすごいな・・・と。
今や見る影もないですが、このころのソニーは、未来を作っていたと思います。

古いテープのデジタル化はとりあえずほぼ終わったので、テープは処分。

このレコーダー2種はどうしよう・・・

SonyNT1DigitalMicroRecorder04Jweb.jpg

捨ててもいいんだけど、ヤフオクかなんかに出したら売れるのかな・・・
なんか、もったいないような気がして、それでまたしまいこむと僕の部屋の断捨離はちっとも進まないハメに・・・

どうしよう・・・











posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2014年07月25日

五十肩のゴルフ その3だったかな・・・?

7月の土曜日、2ヶ月ぶりのゴルフ
ショートコースでラウンドしました。
職場のコンペです。

場所は前回と同じ、高原ゴルフクラブ。

クラブは前回以来、ずっと軽貨物に積んだまま・・・
沖縄の熱気で充分暖められています(-_-;)


昨年9月からの五十肩はいまだに思わしくない状態で、
整形外科の先生も、リハビリを担当している2人の理学療法士も、

「これは今までみた患者さんの中でもトップかトップ2のしつこさ!」

・・・と、ありがたくない称号をいただくほど、不調です(T_T)

朝7時スタート、クラブに練習場なし・・・ということで、
とにかく起床して集合、さぁ、いきなり本番だ!

高原ゴルフ1番ホールJweb.jpg

テイクバックは、もともと大きく振り上げないようにしているので、なんとかほとんど違和感を感じないくらいにあげられる。
問題はフォロー。

右肩が左方向へ伸ばせないので、フォローが取れない。
なのでボディターンだけで打つような調整を無意識にカラダがしてしまう。

そんな状態なので、ちょっとボディターンのタイミングを間違えると、ボールを大きく左へひっかけてしまう。

結果、OB4発もぶっぱなし、残念なスコアに・・・

201407高原ゴルフリザルトJweb.jpg


なんて、偉そうに書きましたが、
よく考えてみたら、僕のラウンド当たりの平均OB数は4回・・・

なんだよ、普段と同じ!?

もっとも、ドライバーやスプーンなど、長いクラブは全然振れない、打てないなので、
普通のパー72のコースなら、もっと悲惨なことになっていた筈ですね。

スコアはともかく、なんとか18ホール、大きなトラブルもなく回れたし、日常生活ではない動きを肩にさせることもできたので、良いリハビリになりました。

ああ、もっとゴルフにも行けるようになりたいなぁ・・・








posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2014年04月15日

ポコペン劣化・・・

沖縄に越しておよそ9年たつ。こっちに引っ越してしばらくは、奥さんと僕の2人でクルマ1台でいたけれど、2006年4月に、僕の通勤用にダイハツ・コペンを新車で購入。あ、購入っていっても、車検もメンテもすべてコミコミ・乗るだけセット♪ というリースだったけどね(^_^;)

ただいま、約8年で13万キロ走行といったところ・・・なんだけど・・・

あちこちヤレてきています。
The 劣化 (T_T)

まずエクステリアに使われているプラスチック・ゴム類。
これは沖縄の強烈な紫外線と潮風のせいなのか、けっこう早く劣化している気がする。

まずヘッドライト

ポコペンヘッドライト左右差Jweb.jpg


左側が右のヘッドライト。
レンズが白濁化している右側の写真が、左のヘッドライト。

同じ時間を経過している2つのヘッドライトレンズが、なんでこんなに劣化状況が違うんだろう・・・
ずっと動かさずに置いていた・・・っていうんなら、片側だけ太陽があたっていたのか・・・とも思えるだろうが、ほとんど毎日動かしているんだし・・・

もともとポリカーボネートは樹脂として弱い方ではない。それがこんなに白濁するってなんで?


そしてリアフェンダー上に付いている、ラジオアンテナ。

ポコペンアンテナ劣化Jweb.jpg

コンバーチブルボディという特性上、このアンテナは引き込み式ではなく、ネジ式で常時車外に露出しているタイプ。
洗車時等に簡単に外せるように、根本がネジ式な分、その持ち手部分はやややわらかいエラストマー系(人工ゴム系)の樹脂製。
それがみごとに硬化・萎縮・ひび割れ・・・・・(^_^;)

たしかに8年乗ったよ。沖縄の紫外線も強いよ。

でもさ、10年経ってないんだよ!
ポルシェなんかだと10年乗っても、こういう材質の劣化って無い。

もちろん、値段も違うって言うだろうけどさ、こっちは軽自動車だし。
でも屋外の様々な自然環境下で使うことを前提にしている工業製品だよ、これ。
しかも日本製の!

こういうところの質感や耐久性も日本の武器だったんじゃないの?
しかも足回りのブッシュ類みたいな、負荷がかかるところでもないのに。
これじゃ70年台後半から80年台初頭の、安かろう・悪かろうな日本車とかわらないじゃん・・・

しかもこのヘッドライト、アッセンブリー交換で11万円近くするんだよ、片側だけで。
アホくさいから、このまま乗るつもり。

コペンオープンレカロJweb.jpg

日本車、目に見えるところなんだし、もう少しがんばれよ!
走行性や、クルマの個性って点では、いまだに欧州車に負けてんだから、せめて良心的なクォリティだけは世界一で行ってほしい!



posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2014年03月31日

豆おやじ、清(きよし)


先日、嫁さんがプレゼントをくれた(*^_^*)
いわゆる縁起物というか、お守りのようなものなんだけど・・・

なんか、カタチがおもしろカワイイ。

その名も・・・

豆おやじ 清(きよし)

まぁ、百聞は一見にしかずってことで・・・これです。

豆おやじ清Jweb.jpg



天然石で、なんか、目玉のように見える石を頭にして、糸で編んだ小さな人形のようなアクセサリー。
さっそくスマホにくっつけて、毎日いっしょに通勤しています^^;




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2013年10月21日

ハロウィン

先日、ものすごく久しぶり、もしかしたら何年かぶりに音楽CDを購入した!
それがこれなんだけど・・・

MarkFromGaroJweb.jpg


これみてわかる人、まずいないでしょうね(^_^;)
実は、「学生街の喫茶店」というヒット曲があるGAROというグループが1970年から1976年までいました。そのメンバー3人のうちの1人がこのCDの主・・・マークこと堀内護。

学生街の喫茶店は当時ものすごくヒットして、一夜にして1ステージ、ん百万円という人気グループになったGAROですが・・・実はヒット曲を歌う歌謡グループなんかじゃなくて、バックグラウンドや彼らの目指していた音楽はかなりマニアックでした。

ところがよくある話しだけど、なまじヒット曲が出てしまい、しかもそれは本来別の曲のB面曲だったってのもあり、一気に自分たちの意志と違う方向へ押し流されていくわけ。

で、いろいろあって結局短期間で解散することになるんだけど・・・それから39年も経ち、ソロとして当時やりたかったであろう音楽を、今やっと形にしたという感じに仕上がっています。

実際、オープニング曲が「学生街の喫茶店」なんだけど、イントロの音からしてCSN&Yに最も近かったGAROの本領発揮という迫力あるアコースティックギターの音・・・
同じ曲がこんなに力強く、粋に聴かせられるのかという好例だと思う。

GAROの音といえば、C.F.マーティンのD45という高価なギターを遣い、頻繁にオープンD、変則オープンチューニングを使っていた。それもCSN&Yに通じるところなんだけど、このアルバムでもいたるところで変則チューニングらしい、なにかギラっとしたアコギの低音が響くのも、それに憧れていた僕にはたまらない。

メンバー3人のうち1人は若くして自殺・・・以前、佃に住んでいた時に、となり町の小さな食堂にたまたま入った。そしたら、GAROのレコードや、トロフィーなんかが飾ってあってびっくり!
店の老主人にたずねてみたら、なんとその自殺した(僕が一番すきだった)メンバーの実家だった!

高校時代はGAROの曲は半分以上はコピーして、ライブで唄っていたし、とにかく久しぶりに購入したCDの背景には、僕にとってとっても濃い思い入れがあったのでした(^_^;)

閑話休題・・・

うちはクリスチャンではないんだけど、クリスマスやら、ハロウィンやら、季節のイベントとして飾り付けをしたり、見るのは好きです。

嫁さんが自宅でネイルサロンをやっているってのもあって、今年もハロウィンの飾り付けをしました。

IMG_2681Jweb.jpg


お客様が玄関に入ったら、まず正面の飾り棚に季節の飾り、今ならハロウィンだけど、5月なら端午の節句飾りとか・・・

こんなやつね。

IMG_2688Jweb.jpg


ハロウィンの色って、ジャック・オ・ランタンのせいだと思うけど、鮮やかなオレンジ色でしょ。これがまた秋の紅葉みたいで、季節感あるんだよねぇ。

IMG_2692Jweb.jpg


最近はクリスマス以外でも、こんな電飾系の飾りも豊富になってるし・・・
楽しめますね〜

ハロウィンランプJweb.jpg


こちらはちょっと少数派、おばけの電飾、白系です。

IMG_2696Jweb.jpg


ハロウィンが終われば、サンクスギビング、そして早、クリスマス、お正月・・・本当に歳月の流れはますます早くなっているみたい。

posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2013年10月18日

新旧iPod

初代iPodをずっと使ってた・・・全然壊れないし。
ここ何年かは、嫁さんが自宅でやっているネイルサロンのBGM用で、フル活躍。
ところが・・・パソコン側に問題が出てしまい、旧式のインターフェース(ファイヤーワイヤー)経由では音楽の入れ替え・更新ができなくなってしまい、泣く泣く新たにiPodを買うはめになった。

しっかしまぁ、ほんとにすごいね。こんなに小さく、軽くなって、容量は12倍以上だよ!

iPod対比Jweb.jpg


初代と2代目は、物理的なHD内蔵だから仕方ないけど、バッテリーのもちも全然違うし。
最初に嫁さんに新しいiPod見せたら、「なにこれ、SDカード?か、USBメモリー?」と小ささ、軽さにびっくり。そして値段を告げると「こんな小さくて軽いものがそんな値段って嘘っぽい」だと・・・

まぁ、メモリーカードにインターフェースがついたと思えば高いのかもしれないが・・・こんだけ小さく軽いのに、以前のiPod以上の容量だっていえば、よくまぁこの値段で作れるな・・・とも思う。

それに外箱・・・相変わらずアップルはデザインに妥協がない。高級化粧品並みのパッケージだった。捨てられないよね、こういうパッケージだと。

現状、音や操作性は満足している。けど外部スピーカーにブルートゥースでなくて有線接続しているから、コードにつなぐと本体が浮いてしまうのが難点かな(^_^;)

ジョギングなんかに使う人にはいいんだろうね。

posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2013年07月28日

ゴルフ練習

先日の久しぶりのショートコースで散々な結果。そしてその後の練習場でもカラダが思うように抑えられない・・・と、すっかり弱ったカラダを少しでも復活させようと、またまた行って来ました。練習場に。

2013-07-24 19.31.32Jweb.jpg


球数は以前のようには打てないけど、アイフォンのスィングチェックアプリで奥さんに撮影してもらいながら、休んではそれを見て、またちょっと打ち込む・・・

体幹の筋力はあいかわらず復活していないから、どうしても軸が揺れるのはしかたないと諦めて、ゆったりリズムで振ることを意識してた・・・



その結果・・・前回の練習場よりは格段に球筋が安定(*^_^*)
もちろん、まだまだブレてるんで、実際コースでたらどうなるもんやら・・・って感じだけどね。



http://youtu.be/VtltfkKkngc

せめて週1回くらい、しばらく練習場続けたら、インナーマッスルも少し復活してくるかなぁ・・・
少なくとも打ちっぱなしの練習は、球数さえ無理しなければあんまりお腹にも影響ないみたいだから、なるべく続けてみようっと。
タグ:ゴルフ
posted by macangel at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2013年04月26日

好きなクルマ話し

まさに工芸品といえる、古い時代のクルマ、大好きです。特に燃費やら安全性や居住性や、こういう実用性の制約をあまり受けていない、自由奔放で、夢のあるクルマ・・・

そんなクルマが、いろんなジャンルで多数あって、絞りきれずに困るのですが・・・まぁ買えやしないんで、なにも困ることないんですけどね。

今回は特にロマンが残りつつ、技術的にも洗練されてきて、とても美しいボディラインが特徴的だった1960年代のグラン・ツーリスモ(ヨーロッパ大陸を長距離・高速移動するための高性能車)を2台・・・

250GTL+DB5Jweb.jpg


左の赤いクルマは、フェラーリ250GTLusso。250GTLとも表記されます。これはあの名作250シリーズの中でも最後期の1台で、それまでのコンペティツォーネ(競技用レースカー)と同じエンジンを持ちながら、ちょっと贅沢なボディ・内装で仕上げたモデルです。
レース前提でない分、とてもエレガントなスタイルをしています。

右は007のボンドカーにもなったアストン・マーティン(イギリス)のDB5クーペ。同時代の、似たような高性能GTなんですが、ラテン系のフェラーリが官能的で華やかなのに対して、イギリスのアストンマーティンは端正で大人しい上品さ。

この時代のエレガンスはたまらなく好きです。憧れです。

東京時代のコンビネーションですが・・・下の写真は(当時の)ウチの2台。

993abarth.jpg


さすがに、フェラーリとアストンマーティンというわけにはいきません(^_^;)
左はポルシェ911(タイプ993)カレラ、空冷最後のポルシェですね。

右は奥さんが乗っていたFIAT プント・HGT・アバルト。イタリアのシビックのような位置づけのクルマですが・・・その中で一番ホットバージョンなので、このクラスでありながら、1800cc DOHC、マニュアル5速で最高速は195キロというじゃじゃ馬です!
しかしさすがはヨーロッパの実用クラスのボディ。リアシートをたたむとかなり大量の荷物を積み込むことができ、僕がレーシングカートのレースで仙台や鈴鹿へ遠征する時など、エンジン2基+タイヤ3セット+大きな工具キャビネット+その他もろもろ・・・を余裕で積み込み、快調にすっとばすことができました。

下の写真はまた上の2台と違いますが・・・これも昔大好きで乗っていた1台、SAAB 900 Turbo16です。

SAABクリスマスJweb.jpg


このクルマは、乗り味や性能は、アメ車の中型クラスそのもの。ボディはゆるいし、エンジンは特に可もなく不可もなく・・・僕が唯一選択肢がなくてかったオートマ車でしたが、その3速ATはGM製のこれまた地味で古臭い味付けのもの。

ただこのクルマ、パッケージングと雰囲気が最高でした。エクステリアやインテリアはまさに北欧デザインの上質なセンス溢れ、旧態依然のボディとSAAB自体が航空機メーカーでもあることと相まって、抜群の居住性と乗降性の良さは、このクラスであとにも先にも最高のデキでした。
サーブについては、別途、ブログを過去に書いているので興味のある方はそちらもご覧になってみてください。
http://macangel.sblo.jp/article/64880362.html

このままのパッケージ・デザインで、メカだけ最新のものにして、もう一度市販されたら絶対にほしいクルマでした。
posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2013年04月25日

美しいクルマのシーン

自動車は産業としての裾野が広い代表的な大産業。その製品は、性能だけでなく、嗜好品やアートとしての側面もあり、車によっては単なる中古車ではなく、ビンテージとしてオークションなどで高値で取引されている。
他にも、レンタカービジネスがあったり、アフターパーツマーケットがあったり、レースがあったり・・・その利用についても裾野が広い工業製品。

僕が子供の時代は、鉄わんアトムの現役世代で、「21世紀は科学の力で夢のような世の中になる」・・・的なイメージを植え付けて育った世代。マイカーはまだお金持ちの家にしかない・・・そんなハングリーな時代でもあった。そのせいか、クルマや飛行機は、とても憧れの対象であり続け、それが嵩じてクルマオタクのようになってしまった・・・

僕自身、クルマは・・・実用的な乗り物として好き、スタイルにこだわるライフスタイルを具現するアクセサリーとして・・・、工業デザイナーが腕を振るった工芸品(アート)として、その時代時代の先端技術・メカとして好き、運転技術を競いうまくなるのが好き(モータースポーツ)・・・と、いろんな視点からクルマにあこがれを持ち続けてきました。

今日はそんな多面的なクルマのうち、ちょっと視点を抜粋して、好きな写真をアップしてみました。

まずクルマと花。
クルマと美女は、もう長年の定番テーマでして、名作から妖艶なものまで多数ありますが、そっちは得意な人にお任せして、花です。

キレイなクルマに、アクセントとして花が入っている2枚。まずビンテージフェラーリの名車中の名車、250テスタロッサ。ドライバー、コ・ドライバーの女性が乗り、女性が花束を抱えています。

CG写真01Jweb.jpg


ただ美人が乗っているよりも、花束をもつことで、その場の晴れやかさが格段にあがるし、美女だけにフォーカスするよりもずっと上品にオシャレだと思います。

次はポルシェ・タルガ(タイプ993)、このシートに、ボディカラーと同じ花束をぽつんと置いたショット。

yellow993Targa.jpg


人は写真に写っていませんが、なんだかもう、シーン・ストーリーがいろいろ想像できてしまうような1枚です。この写真は、ポルシェのディーラーが顧客向けに作った絵葉書なんですが、キレイな写真が気になってずっと手元にとってありました。


posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味

2013年03月08日

僅かに残ったモデル

8年前、東京から沖縄への引越に際し、それまで地道に集めてきたコレクションのほとんどを処分しちゃった・・・
ミニカーもフェラーリだけで400台くらいあったんだけど、今最終的に手元に残っているのは1/18が3台、メインで集めていた1/43はこのショーケースに入れてある十数台ほど・・・

MinicarCabinet.jpg


自分で乗っていたモデルはなるべく手元に残しておこうとも思ったけど、結局残ったのは・・・
ポルシェ911(タイプ930と、タイプ993)
マツダRX7
フィアット・プントHGTアバルト だけ。

荷物が多すぎて処分せざるを得なかったとはいえ、もう少し残しておきたかったなぁ。
でも中途半端に残すくらいなら、すっぱりと処分した方が、すっきりするのもあるから、仕方ないか。
posted by macangel at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味・興味