検索ボックス
 

2019年08月11日

ギター

前回のブログが2018年3月・・・1年半ちかくさぼってました(>_<)
久しぶりの投稿では、これまた超久しぶりのギターネタです。

ここ3年くらい、出張もなく、ひたすら沖縄にこもってつつましい暮らしをしていたわけですが、先日ほんとに久しぶりに東京出張の機会がありました。
仕事は土曜日終日でしたので、金曜夜に東京に飛んで、土曜日は仕事。夜は旧友に会い、翌日曜日は午前中に入院している母を見舞い、そのあと実家に(何年ぶりだ・・・)寄りました。弟は不在でしたが、弟のお嫁さん、双子の甥っ子、父には会うことができました。

しかしですね・・・僕はほんと親不孝なんだと思いますが、今回実家に立ち寄った一番の理由は・・・実家に放置していたギターを1本、沖縄へもっていこうということでした。

これまた超久しぶりなんですが、先日、前から安い割によさそうだなと思っていたアコギ(アコースティック・ギター)があって、アマゾンなどでウォッチしていたんです。そしたら1ロット作ったら当分作らないのか、売り切れて、そこそこ安い値段で買える店ではどこも売切れ・入荷未定になっちゃって。

しまった・・・この手のバーゲンプライスでそこそこ良いやつは、見つけた時がポチるときだと、前からわかっていたのに、最近の緊縮家計生活習慣がすっかり身についてて、そうこうしてるうちに売り切れ・・・(´;ω;`)

けっこうがっかりしていたんですが・・・いいの見つけちゃったんです。同じモデルなんだけど、それの限定モデルで、塗色が大人っぽいビンテージグラデーション・・・ お値段は標準モデルよりちょっと高かったけど、今度こそ逃すまい!なんといっても限定モデルであらせられるぞ・・・とポチっちゃったわけです。

それが、これ・・・Epiphone のEL00-PRO Limited Edition というやつ。

GTR_Epiphone001.jpg

普通の赤茶のサンバーストよりも、こっちのほうが大人の男っぽい色で気に入ってます。
あとなんで、このEL00というモデルを狙っていたかというと・・・僕が好きなアコギの音は、C.F.Martin D45と、Gibson J45という2本のギターのサウンドが理想でした。Martin D45は1本150万くらいするし、Gibson J45だって昨今のGibson 高額化の流れで30万くらいはする・・・それじゃとても今の腕前や使い方には高すぎて・・・

そこでこのEpiphone、形がJ45とほぼ同じ。色味も渋めのサンバーストでそこも同じ。そしてEpiphone自体はけっこう古いブランド・メーカーで、ビートルズも使っていたくらい歴史もあるけれど、今はGibson に買収されていて、Epiphone自体がGibosonのセカンドラインになっているわけです。

し・か・も・・・Epiphone EL00は安い店だと28000円位で買える!まぁ沖縄暮らしなので、そういう安い店だと送料が高いのが常で、それを考慮すると35000円くらい予算があれば買える、お値打ちモデル。

GTR_Epiphone002.jpg

安いったって、バカにできないですよ、最近の安いギターは・・・
ヘッドのロゴは一応、貝みたいだし、マホガニーボディにトップはスプルース単板。ペグはグローバーだし、しかもFishman のピックアップまで内臓してる・・・(@_@) なんて恵まれてるんだ、今の若者は・・・!

因みにこちらがFishmanのピックアップのコートロール部。

GTR_Epiphone003.jpg

サウンドホールのすぐ内側に、PODが2つあって、Volume とToneになってる。そしてケーブルのジャックがストラップエンドピンに内臓されてるから、見た目はまったくの生ギター。最初、ギターケーブル、どこにさすのかわかんなくて、さがしちゃいましたよ、おじさんは・・・

そして弾いてみた。僕が40年前に買ったメインで使っていたアコギはS・ヤイリの定価10万円のモデルだったけど、あれはネックが永久保証だった。そのせいか、制作者の好みなのか、ネックがクラッシックギターのように幅が広くて、指板のRも少ない扁平型。僕は手は大きくないので、実はかなり弾くのが大変だった。

ところがこのEpiphoneのネックはエレキギター並みに細い!弾きやすいじゃないか・・・

そして音。狙っていたGibson J45の雰囲気、CSN&YやGAROの音が出したかったんだけど、まさにその感じの音が出る。とてもこの値段でこういう音のアコギが買えると思ってなかったので、とってもうれしい誤算だった!

というわけで、40年ぶりのアコギ・・・指が痛いし、久しぶりすぎてまともに指も動かないけど、やりたかった曲を待ちきれずにやってみた。それがこちら・・・


演奏はアレなもんで、それよりギターの音を聴いてください。
ストロークでちゃんとジャリーンと厚みもあるし、ソロフレーズでは鈴が転がるような張りのある音色・・・まさにGAROのアコギサウンド・・・ ポチった直後は、たいしてうまくもないのに、ギターばっかり増えちゃって、無駄遣いかな・・・やばいな・・・ってちょっと思ったけど、買ってよかったです(#^^#)

そして最初の話しにもどります。出張で持ち帰ったギターね。
いま住んでる家って、築2年で新しい集合住宅。つまり・・・〇東建託や、レ〇パレスのやつらが、大量生産して安物健在を世に広めてしまった影響をもろ受けてる建物です。
見た目は洒落てるんだけど、もうね、建物の躯体が共鳴板状態なんだよね。昔の木造安アパートみたいに、囁いてても会話が聞こえるなんてことはさすがにないけど、ちょっと歩いただけでも天井や壁全体から低周波の共鳴波が出どころ不明の音みたいによくなるんだよね・・・大正から昭和初期の、文化住宅の方がよほど文明的な強度もってたと思うよ。

また話がそれた。つまり、音の出る楽器はだめだ、と入居時に言われてたし、実際ピアノやベースのような低音が出る楽器は絶対にアウトな住居ってこと。ピアノはまぁ常識的にないとしても、最近のTVやオーディオは重低音がよく出る作りになってるから、そういうのもそうとう気を遣う。

それで東京の実家に置いてあるギターというのがこれ。

GTR_Godin007.jpg

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、エレガット(エレキ・ガットギター)です。
ソリッドボディなので、このまま弾いてると、ヤマハのサイレントギターと同じで、隣の部屋にすら聞こえないくらいの音しかでない。しかしエレキ仕掛けなので、アンプにつなげば、いわゆるクラッシックギターに近い音が出せる。

ボディこそエレキギター然としてるけど、ネックとヘッドはもろ、クラッシックギターの佇まい。

GTR_Godin002.jpg

で、ボディをよくみると、ちょっと変わったコントロールがついてるんです。
アップでみるとこれ。ギターのボディに向かって左上部分にコントロールが集中してます。

GTR_Godin004.jpg

ながいこと触ってなかったので、どれがどれだか今は思い出せない・・・が、何に使うかというと、これ、ポリフォニックのギターシンセサイザーピックアップが内臓されているんです。
だから、13PINのDINケーブルジャックがついてて、それをRoland やヤマハのギターシンセサイザーにつなぐことができるんです。
つまり・・・アコギも弾きたいし、最近のレコーディング趣味でも、アコギの音が打ち込みMIDIでは限界がある・・・しかし家で音は出せない。おお、実家にギターシンセサイザー、放置してたから、あれもってきたら、サイレントで弾いてラインどりでギターの音源に充てればいいじゃね?と思ったわけです。

なので、東京からこのギターを持って帰るよう、弟に玄関口に出しておいてもらって持ち帰ったんですけど、その直前に、実際のアコギまでポチってしまったので・・・結局ギターが5本になっちゃったというわけ。

でもいわけすると、全部、音のタイプが違うので、レコーディングで使い分け上、必要最小限な組み合わせなんですよ。一応。

つまり・・・

Epiphone EL00:スチール弦のアコギ。絶対エレキや打ち込みでは再現できない生ギターの音。
Godin ACS:クラッシックギター音+ギターシンセ
Fernandezストラトタイプ:シングルコイルのエレキギター
AX40 Starling by Musicman:ハードロックに特化したハンバッカーエレキギター
Ibaneze SDGR:ベースギター

という使い分け・・・でもこれ、うちの奥さんには音の違いはよくわからないらしい。
でも僕が買ったギターを気に入って、せっせと録音してニヤニヤしているのをみて、「いい買い物になってよかったね」といってもらえた。いつもありがとね!

GTR_Sets001.jpg




タグ:音楽 ギター
posted by macangel at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ

2018年02月10日

音楽やりたい!

レースに出られなくなって5年以上経過・・・
去年は1回だけ、スポットでレースに出てみたけど、とにかくカラダが弱ってしまていて、1レースどころか数ラップも走れずじまい・・・
長いことレースだけが僕のストレス解消だっただけに、今は心からストレスを癒せることが無くなっちゃって、非常につらい。

それで昨年6月から、音楽、それもクラッシック熱が再燃して、毎日聴きまくっているわけなんだけど・・・
聴くばっかりじゃなくてやっぱり自分でも演奏したり歌ったりしたい!特にストレスやプレッシャーから一時でも離れるために、なにかに没頭したり発散したり、そんなことにすごく飢えてきた。

それで昔からの友人と最近「またバンドか宅録やりたいよね~」なんて話に花を咲かせている。

Newギター09Jweb.jpg

それで聴くのはクラッシックがほとんどなんだけど、弾くのは70年代から80年代のロック・・・(^^;)
とりあえず、ギターとベースは手元にあるので、音楽かけながらそれに合わせて弾いてたり・・・

しかし・・・楽器はレース以上にブランクが大きくて、そもそも昔からたいしてうまくないもんだから、今の演奏レベルが悲しい状態。

Newギター03Jweb.jpg

で、唄もうたいたいってなるわけ。(そうなのか?)
で、マイクはある。コンデンサータイプのが1本。ところが、マイクプリアンプとか、レコーダーとマイクの間にいれる器材がすべて東京に置いたまま。

MTR環境Jweb.jpg

なので、結局マイクもあっても使えない状態で、唄も唄っていない。
声だって、出していないとどんどんでなくなるし、カラオケもいいけど、けっこう行けるときは混んでたりするし、禁煙ルーム沖縄は異常に少ないし。

だーかーらー、昔の友達と、ブランク持ち同志で、バンドか宅録したい・・・とここで最初に戻る。はぁ。






posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ

2017年12月16日

クラッシック熱、再燃

昨年の6月頃・・・極度のストレスから逃避するため、いろんなことを試してた・・・
ちょうどアマゾンのプライム会員になって、Kindleタブレットを購入したこともあって、お試し読みで「のだめカンタービレ」を読み始めた・・・

2017-10-26 00.06.59.png

そしたら・・・ハマっちゃいまして・・・

高校出て、大学浪人中に、友人が通う音楽学校のポスター描きのバイトをしていた時期があって、その学校や学生の雰囲気や空気感がかなり再現されていて面白くて・・・

更にアメリカでも、ピアノのマスタークラスをとっているかなり親しい友人・・・いや、腐れ縁と言ってもよい奴がいて、この友人が高校時代はラグビーの全日本に選ばれるような、めっちゃ運動神経がいい男。
ところが彼はピアノもやっていたんだね。で、大学院過程のピアノコースもとっていて、その彼の先生の師匠がレオン・フライシャーという、すごい天才と言われたピアニスト。

そんな状況もあって、フライシャーの公開レッスンを聴講しにいったり、レッスンに付き合ったり、夜通し名演ビデオをみながらテクニックやら曲の理解やら、よく話し込んでた・・・そういう感じがものすごくよく再現されていたわけですよ、のだめ。

で、漫画を読み通したら、映画版が観たくなって、そこからドラマ版も完全制覇して、最後はアニメまで制覇。
ところで・・・
のだめ役、上野樹里が毎回熱演していて、演技はまぁいいんですけど・・・実際、彼女ピアノ弾くようだし。ただ見た目が、漫画ののだめの、ある意味棒のような手足、くびれはないけど、細長い感じがまったくないんですよね。
だから演技は上野樹里で、みためがそうだなぁ・・・綾瀬はるかあたりだったら、もっとドラマに自然に没入できるんだけどなぁ・・・上野樹里ののだめ、ちょっと体形・シルエットがイメージ違う・・・まぁどうでもいいけど。

そこでどっぷりストーリーに浸り切り、6月からは毎日3時間はクラッシックばかり聴き込む生活に移行しました。

2018-01-01 00.36.01.jpg

年末年始も、クラッシックのテレビが多くて、これもまた魅入るし・・・

話がそれた。
で、のだめを、それこそセリフを覚えてしまうくらい読み込んで、テレビも見て、次に・・・
音楽映画に走ることになる・・・アマゾンビデオ+Kindleで。

観たのは、

パガニーニ(洋画。デビッドギャレットが超絶かっこよかった!)
マエストロ(洋画。主演女優と、とにかくチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の美しさにやられた)
マエストロ(西田敏行主演で、漫画が原作らしいけど、漫画をまだ読んでいません・・・)
マエストロ(こっちは邦画で観月ありさ主演なんだけど、いまいちだった)
神童(原作からかなり端折りすぎていて、漫画のストーリーの良さが出てなかった)
・・・等々、いろいろ観ました。

そしてまた漫画に戻ってきたのが、神童。

2018-01-10 21.42.22.png

これがまた、なかなかいい雰囲気の漫画でびっくり。

2018-01-10 22.22.17.png

絵も、ストーリーも独特な雰囲気で、これも繰り返し読んだ。
映画より漫画のほうがずっと良い!

そういえば、のだめだけど、これは漫画がベストだけど、漫画を立体的に感じるために映画とドラマとテレビのすべてを観るのがいいですね。
それぞれが補完しあっていて、足りない、わかりにくかった部分をちょっと違うせりふ回しやシーンのアレンジで、理解を深めるのに役立ちます。珍しい例かも。

話しを戻して・・・

次に読み始めたのが「ピアノの森」
これがまた、切なくて、素敵で、きれいで・・・すごく泣けました・・・

2018-01-11 20.33.44.png

心が洗われたようで、ストレスで病んで、加齢とともに鈍ってしまったカラダも心も、ちょっとだけ昔に戻れるような・・・
まぁ、自分のことは置いといて、とにかく美しいストーリーで大好きな漫画になりました。

自分の好きな曲だけでなく、これらの漫画や映画で出てくる曲まで、網羅するもんだから・・・
毎日3時間聴いても足りないわけですよ・・・時間が。
しかも、自分の好きな演奏って実はかなり限られていて・・・好き嫌いがけっこうはっきりしているから・・・そういう演奏にたどり着くまでいろんな人の演奏を聴き比べないといけないし。

そんなことを半年以上続けてきて、やっと今はかなり自分好みの演奏者と曲をえりすぐったプレイリストができつつあります。それを朝夕の通勤や、それ以外の、自宅でPC操作している間とかも、ずっと聴き込んでいるわけです。

2017-12-31 16.43.18.jpg


やっぱ、クラッシックはいいわ・・・

といいつつ、1/10ほどの時間は、70-80年代のハードロックなどに合わせて、ギターやベース弾いてみたり。
とにかく、久しぶりに具体的な方向性を伴って音楽に入り込めるようになってきたおかげで、ストレスからの逃避が少し改善されているようです♬






posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ

2017年07月15日

VOXのミニアンプ

楽天カードの期限切れ間近のポイントがけっこう溜まっていたので、こんなの買ってみました。

VOXamp01Jweb.jpg

VOXのミニギターアンプ。

6,000円弱というお手頃価格で、ポイントも利用したので3,000円弱で買えました。

で、実際弾いてみたんですが・・・案外いいですね〜
自室で、CD聴きながらギターを合わす程度だったら、全然問題ないレベル。

VOXamp02Jweb.jpg

機能的にも、
・ゲイン(プリ)
・トーンコントロール
・メインボリューム
と揃っていて、更に・・・

入力切替でクリーンから、ディストーションまで3段階切り替えられる。

ここまでで、十分音的に使えるんですが、

・フェイザー
・コーラス
・ディレイ

とエフェクターが付いてます。
エフェクトの掛け方も、深さと長さとコントロールできるし、
それぞれのエフェクターを組合せて使うこともできる。

更に、更に・・・

シンプルだけどリズムボックスまで装備してます。

VOXアンプ05Jweb.jpg

こんな値段で、これくらい遊べる製品があるなんて、今の子供達は物質的にはものすごく恵まれている時代になったものです。

これのベース・アンプもあるようなので、ベース用も買ってしまいそう・・・^^;

VOXアンプ06Jweb.jpg


とここまで書いておきながら、ここ2ヶ月ほどは、クラッシックばかり。
毎日3時間くらいは聴き込んでます。

なので今のところ、うちの奥さんがエアロバイクこいでる時に「もっとノリのいい音楽を」とリクエストがあったので、そんなときには「サンタナ」「ジャーニー」「ボストン」「ツェッペリン」・・・こんな古いロックをもっぱらディストーションかけてCD聴きながらギター族しています。




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ

2012年06月13日

アメリカン・アイドル

最近になって毎週観ている、「アメリカン・アイドル」と「ザ・ボイス」
どちらもアメリカの歌手オーディション番組。
そのレベルがすごくって、もう、たまりません・・・

「アメリカン・アイドル」はその名の通り、若い子が全米中のオーディションを勝ち上がり、その後も毎週バトルを勝ち抜いていく。で、その過程で様々な課題やアドバイスがあって、初期の頃から伸びる子は「化ける」といってもよいほど、うまくなる。

人が成長する姿って、観ていて勇気づけられるし感動するけど、それが全米レベルという激戦区で、しかも半年近い長丁場。毎週熾烈なバトルを生き残っていかなければならない中、毎週、そこまで共に勝ち上がってきた仲間の誰かが必ずふるい落とされていく。

審査員やアドバイザー陣も豪華で、ランディ・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、スティーブン・タイラー!等々

番組が始まって11年目の今シーズン。最終的に優勝したのがこの「フィリップ・フィリップス」君。21歳です。
彼の特徴は、単に歌唱力があるというより、名曲ですら自分流に呑み込んでしまう、その芸術的な個性。

この名曲「迷信」もすごくかっこいい!
いろんなアレンジで聴いてきたけど、これが一番カッコよく感じたなぁ。



優勝したフィリップだけでなく、上位の数名は誰が勝ってもおかしくないレベル・・・
初めのうちは初々しさや、未熟なところがちらほら見えていたのに、ベスト8位からのステージでは、もう芸能歴10年以上でしょ!?っていうくらいのステージング!

例えばこちらは・・・・・



左のベテランはミュージカル出身のグラミーウィナーのジェニファー・ホリディなので、貫禄・パワー・表現力の何れも超絶ですが・・・
デュエットしている小柄な黒いドレスの子は16歳!
準優勝者のジェシカ・サンチェスです。16歳でこの歌唱力ってすごすぎるよね!

「ザ・ボイス」は「若者に限らず」「広く優れた歌手を発掘して磨いていく」大人バージョン。
こちらも、応募者がみなすごい強者で、観ていて圧倒されてしまう。
久しぶりにハマリました。

posted by macangel at 21:36| Comment(0) | 音楽ライフ

2012年05月01日

harman/kardon

メインのAVシステムではなく、メインPCとして未だに現役で使ってる、PowerPC G5・・・
OSは10.4.11で、もはやiPhone や iPad のアップルからは切り捨てられている世代。

PCシーン201203A.jpg


だけどいまだに、映像編集や映像変換以外の作業なら、特に支障なくできる。
そんな、ほぼ10年選手のマシンに、本体とほぼ同時期から使ってるG5用のスピーカーシステムが、harmon/kardonというブランドのセット。
http://store.apple.com/jp/product/H2268J/A?fnode=MTY1NDA0MA&s=topSellers

なんと、IIIとついて、今も売ってる!3世代目ってことかな・・・
G5同様、相当ロングセラーなんだよね。

PCシーン201203SW.jpg


で、このスピーカーシステムが、とてもバランスの良い音作りされているんです。
大音響で鳴らせる環境ではないので、いわゆる本格ユースよりもかなり小さな音量で使っているのがほとんどなんだけど・・・そんな音量でもサブウーファーとのつながりも自然だし、とても聞きやすい!

メインのAVシステムのスピーカーは(これまた大音量は今やダメな借家なので)いまだにNS−10×4台(^^;)
こっちも、今の住環境なら、これ以上のアップグレードは未だに必要性を感じない・・・

僕ってけっこう、物持ちがイイんじゃない!?
(単に、金欠・・・とも言いますが・・・)

posted by macangel at 20:44| Comment(0) | 音楽ライフ

2012年03月28日

素晴らしい声ですね!

友人から教えてもらった動画なんですが・・・
まぁ、聴いてみて下さい(*^_^*)



なんですか!すごいですね。
出だしでカストラートかと思ったら、普通にテノールもすごいレベル!

こんな風に唄えたら、音楽以外のことをやりたくなくなります!
いいなぁ!
posted by macangel at 18:48| Comment(0) | 音楽ライフ