検索ボックス
 

2016年07月10日

イージス艦みょうこう

沖縄は日本中の米軍基地の70%以上が集中し、最低な隣国どもに近いこともあり自衛隊も空自・海自など配備されている。自宅の近くにも中城湾港があり、ここには観光クルーズ船から、深海観測船「地球」や、今回のようなイージス艦なども寄港する。この少し先には米海軍の基地ホワイトビーチもあるし、さまざまな艦船をみることができる。

この日は野良猫たちの写真を撮りに、ちょっと寄り道して港へ回ったら・・・見慣れない大きな船が停泊していた。

イージス艦妙高05Jweb.jpg

するとゲートに「イージス艦みょうこう・見学できます」という看板を発見。この日はすでに受付終了していたため、時間を確認して翌日あらためて見学しに出かけてみた次第。

イージス艦妙高04Jweb.jpg

もちろん見学は無料で、結構大勢見学にきていた。主に子供連れが多かったけど、見るからに軍事オタクっぽい人や、さらにはリクルートスーツのような服装にヒールの高いパンプスを履いた勘違いな女子連れまで・・・この女子連れは婿探しで来たのかね・・・とにかく見学にはおよそ場違いな恰好なだけでなく、軍事関係に興味も知識もなさそうだし、船内の階段は省スペース化のため急ではあるけど、ヒールのせいでとにかく上り下りが遅い!やっぱり、男漁りにきたんだろうね。

イージス艦妙高09Jweb.jpg

まず乗船すると、メインの艦橋を目指して室内にはいる。で、写真のように狭くて急な階段を4〜5階ほど上がる。

するとメインデッキに到着。ここも肝心なところはカバーしてあったりテープで入場できないようにはなっていたけど、それでもかなりオープンに見せてもらえる。

イージス艦妙高15Jweb.jpg

警戒態勢をとるアラートスイッチも、対空/対艦(海上)/対潜と・・・イージス艦ならではの守備範囲。

イージス艦妙高16Jweb.jpg

中では自衛官の人たちが、コンパスを使って海図の使い方を説明したり、丁寧な対応で頑張っている。

イージス艦妙高12Jweb.jpg

沖縄は、米軍憎し・・・それを無視しつづける日本政府憎し、そして軍隊的なもの全体を忌み嫌うようなバカな面も少なからずあるせいか、海自の方たちはとてもにこやかに丁寧に案内してくれていたのが、かえって申し訳ない気持ちにさせる。

イージス艦妙高07Jweb.jpg

メインデッキの見学がメインで、あとはレーダーやミサイル、魚雷、機関砲などの解説が続く。

イージス艦妙高25Jweb.jpg

やはり間近でみると、本物は迫力があるね。

イージス艦妙高31Jweb.jpg

それぞれの説明もけっこう詳しくパネルが掲示されていて、マニアにはたまらないんでしょうねぇ。

イージス艦妙高21Jweb.jpg

甲板からみあげるこの絵柄・・・レーダーをカバーするアイマスクのような外観が、まさにイージス艦のイメージで・・・
テレビでみるのと違ってちょっとわくわくしてくる。

イージス艦妙高39Jweb.jpg

救助用の担架キットには、人形の顔のような洒落心なんかもあったり・・・

子供向けにはロープの結び方を学べるゲームなどもあったり、

みょうこうのグッズ販売なんかもあるし・・・なかなかのエンターテイメントになっていた。

イージス艦妙高53Jweb.jpg

僕は特に軍事系に詳しいわけでもなんでもないんだけど、いつも武力行使には異常すぎる慎重さやプレッシャーを常時受けながら、気違い隣国どもに対峙している自衛官たちのことを思うと、とにかく感謝の気持ちがわいてくる。ご苦労様です。

イージス艦妙高42Jweb.jpg


日本政府、とくにアベの暴走ぶりはますますひどくなっている。
このまま憲法改正して、政府的にはいつでも武力行使できる権限だけはもつことになる可能性が高い。

一方で、日本政府やアベが威張りちらせる相手は日本国民ばかりで、中国・韓国・北朝鮮にはまったく手を出す気配すらなく、全部米国の顔色伺っているだけという超弱腰・・・

この狭間で板挟みになる自衛官たちを、無駄死にさせるようなことのないよう、日本の外交にはきちんとした正義と気概をもってほしいと思った。







posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月02日

平和病院の夏祭り

昨年初めて行って案外よかった、平和病院の夏祭りに今年も出かけてみました。
うちから徒歩数分ほどのところにある、けっこう大きな病院で、今年で26回め?とか。

土曜日の夕方、嫁さんと2人で、歩いて出かけてみたところ、昨年よりも人が多いかな。

平和病院夏祭の月空Jweb.jpg

僕達の目的は、エイサーを観ることと、屋台の食事・・・(^_^;)
まずは最前列の席を確保して、早めに待機。

今年のエイサーは、僕達が初めて沖縄へ越してきて、最初に住んだ町、江洲の青年会によるもの。
でだしはエイサーでは珍しい? 安里屋ゆんたから。

平和病院江洲エイサー隊Jweb.jpg

江洲のエイサーは、通常のパーランク(手持ちの小太鼓)だけでなく、うふでーく(大太鼓)も持って踊る、けっこう動きの激しいエイサー。
もちろん、チョンダラーや、女子の女踊も・・・




今回はエイサーだけでしたが、江洲は獅子舞も力が入っているようで、全島獅子舞大会などにも毎年でています。


そして2番めの目的がこちら。
今日も遅めのランチだったこともあって、夕食は少なめに、これだけでOK。

平和病院食べ物2014Jweb.jpg

沖縄焼きそばと、ヒラヤーチ!
それぞれ100円!と激安。
しかも、自宅に入っていた祭りのチラシを持参すると、ひとつはタダになるという、大盤振る舞い。
病院もこれで儲けるつもりはないせいか、昨年もこのお値段でびっくりでした。
今年も価格据え置き(*^_^*)

結局この2つで100円ぽっきり。

他には、さんぴん茶(沖縄でよく飲まれるジャスミン茶)が50円。
鳥の唐揚げ串が100円。

今夜の夕食は2人で250円でした(^_^;)





posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月01日

金柑の白ワインコンポート

もう、だいぶ前になっちゃうけれど・・・

金柑シーズン最後の時期に、白ワインと蜂蜜で金柑のコンポート作った。

金柑白ワインコンポート.jpg


金柑、オレンジ、みかん、柚子 ・・・けっこう柑橘類は好きなんだけど・・・

金柑はとくに皮の甘さがいいよねぇ。

喉にもいいし。

体質的に、喉(咽頭部分)が腫れやすく、そのせいで風邪ににた症状をよく起こす。

それで喉にもよかろうと、今シーズン、2回めの制作となった次第。

デキはなかなか。

保存も効くし、冷蔵庫で冷やしておいて、風呂あがりとかに1つずつ食べて寝ると、翌朝の喉の調子も良い気がする。


金柑が終わると、次は梅酒だなぁ・・・



タグ:料理 趣味
posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月18日

治らぬ五十肩・・・8ヶ月経過

昨年の9月中旬に、起床してみたら右肩が痛くて上がらなくなっていることに気づいた。

いい歳(すでに五十代半ば過ぎ・・・(-_-;) なので、これまでも多少肩やら膝やら、動かすとちょっと痛い・・・なんてことは何度かあった。 でも今回のはちょっと違う・・・なんというか、とにかく一定の角度以上には利き腕をまったく上げられないのだ。

さらに撚る動作や、右手で左肩を掴む・・・
トイレ(大)の後、利き腕である右手できちんと拭くことができない・・・
壁のスイッチを押そうとして腕を伸ばすと激痛で届かない・・・
上着やTシャツの着替えがなかなかできない・・・

こんな具合に日常生活でも不便きわまりない。

もしやこれが噂に聞く「五十肩」か!?と、
まずは保険の効く近所の整体診療所に行ってみた。

しかしその診断は五十肩。(T_T)

そして理学療法的なマッサージやらストレッチをしてみたが、いまいちピンとこない。

次にこれまた近所で、以前にも利用したことがある整形外科に行ってみた。
しかしこちらも同じ診断で、リハビリもなんか効いていない気がした。

それでレース仲間の1人が「以前かなり痛い肩痛になった際によく効く注射ですぐに治った」という話を聞きつけ、自宅からはちょっと遠いのだがさっそく行ってみた。

そこでまずはレントゲンを診て・・・・・
「関節内の隙間がやや押し潰されたように狭くなっている」
「骨を関節内の適切な位置に維持できていない可能性がある」
といった見立てで、炎症を抑える注射を打ってもらった。

一昨年暮れのUC(潰瘍性大腸炎)の長期入院で、全身の筋肉が一度全部削げ落ちているので、それも影響があるかもしれないとのこと。

その後もまずは毎週1回、炎症を抑える注射か、関節内の隙間を広げてすべりを良くするためのヒアルロン酸注射を打ちながら、リハビリを続けるという治療を続けている。

そして8ヶ月経過したが・・・

ごく初期には、注射やリハビリも多少は効いていた。
0が健康状態、10が最高にひどかった状態だとすれば、注射を打ち出して一ヶ月後くらいにはレベル7位に改善していたと思う。

しかしここ2ヶ月ほどはレベル9〜10に逆戻りした感じ。

特に何もしていない時や、ちょっとした僅かな動きでも、ビリビリっとした痛みが走ることがあり、これは発症当時はなかった痛みだ。
そんな症状の経緯も医師と相談しつつ、あまりにもしつこい痛みなので「一度MRIも撮ってみましょう」ということになった。




これがそのMRI画像の一部。
データはDVDでもらってきたので、自分でも何度も操作していろいろ見てみた・・・

医師によると・・・

関節包肥厚、
腱板疎部の線維化・炎症、
関節唇の前縁から上縁にかけて広範に断裂、

総じて、拘縮期の癒着性関節包炎では・・・

とのこと。
いわゆるフローズンショルダーと総称される原因のいくつかが並んでいるらしい。

2014五十肩01Jweb.jpg


これまで(かなり痛い)ハードリハビリを続けていて、固着化させないように、可動域をなるべく限界いっぱいまで使うように、気をつけてきた。
でもそれでも全然良くならない。

逆に痛みが最近増してきたってことは、あまり限界近辺でハードなことをやると、かえって関節周辺で傷んでいるところを更に痛めてしまったのではないか・・・? とちょっと心配になってきた。

一応、このへんは理学療法士とも相談しながら、どこか良い医者や、統合医療・東洋医療があるなら、セカンドオピニオンを求めて行かないとマズイな・・・ と思い始めた次第。

実際、この関節唇の断裂。写真では下の丸印内部なんだけど、ここは腕の骨と肩の骨の向かい合っている隙間なので、外科手術といっても専門医でないとできないらしい。
そういう専門医が沖縄にいるかどうか怪しいし・・・
それになにより、手術しても治る保証はなく、術後のリハビリもそれなりにかかるとのこと。(-_-;)

術式としては、関節内に液を注入して隙間を広げ、そこに専用の機械をいれて断裂した関節唇を縫合する・・・! というものなので、どこまで完全に修復できるのか、聞いているだけでも難しそうだ。

また、断裂の範囲が広いと、この術式でも治しきれないそうで、ってことは広範に断裂している僕の場合は更に難しいのでは!?


ほんと、一度の長期入院の後遺症って、自分では予想もできないところにあれこれ出てくるもんだね・・・
でもこれがエイジング・・・齢を重ねるということなんだろうね。

なんとか、損傷した部分も自己回復していくよう、強くセルフイメージしながら、東洋医療の道も模索してみるしかないかな・・・






posted by macangel at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月22日

沖縄のファーストフードが遅い件

沖縄は、日本一ファーストフードの店舗数が多い県です。
(県民1人あたり店舗数)

2位は東京なんですが、その東京に結構な差を付けての1位。
東京は、ファーストフード店の種類(ブランド)自体が多いので、2位に入るのも当然だと思うわけですが・・・
逆にいうと、沖縄は、マクドナルドやケンタッキーなど、はるかに少ない種類のファーストフードチェーンしかないにもかかわらず圧倒的1位ということは、例えば、マクドナルドだけでみたら、東京の2倍以上の密度で配置されているってくらいのもんですね。

Mac&CampFoster.jpg

上の写真、見慣れたマクドナルドのロードサイン(看板)ですが、看板右下に見える建物にアルファベットが書いてありますね。そう、米軍基地です。アメリカの影響を強く受けた沖縄の食生活なので、ある程度はそうした状況も想像はつきますが・・・

県外から来て、ファーストフード店がすごく多いということ以外に、もうひとつ、気づくことがあります。
それが、ファーストフードの遅いサービス。

これは一番マニュアル化が進んでいるマクドナルドですら、遅いです。吉野家やケンタッキーに至ってはもう・・・こんなのファーストフードじゃない!って位、遅い。

事象としてもっとも典型的なのが、

レジを開けない!

マックレジ.jpg

標準的なマクドナルドの例ですと、大概、レジは3つあります。
ところが、ランチ時だろうが、夕食時だろうが、そこそこ混雑してきても、3つあるレジは、一つしか開けません!

そういうマニュアルになっているのかどうか、是非、関係者に聞いてみたいのですが、スタッフ数も揃っているのに、お客がレジ前で並んでいるのに、とにかく2つ目のレジを開けるのは滅多にありません。
まして、3つともレジを使っているのは、移住して9年たちますが、まだ一回も見たことがない!!

吉野家も同じです。昼時で、その店ではもっとも客が入っている時間帯ですら、レジはほとんどの場合ひとつしか使わない。

たぶん、「なぜ使わないのか?」と聞いても、「作ったり準備で人は手一杯なので、レジを開けられないし、開けて注文だけとっても待たせるだけ」という、およそファーストフード店とは思えない回答を予想しています。多分、当たっているんじゃないかな・・・

ところが、スタッフ達の動きが、無駄ばかり。しかも目配りがまったくといっていいほどない。客がいても、敢えて客の方を見ず、無駄にカウンター内を右往左往しているだけ。
見ているこっちが、あれを取ってから、それを取ったら一往復でこのオーダー全部出せるのに・・・とか、注文を先ずとって先に厨房にオーダー入れてからそれやればいいのに・・・・とか、そんなのばっかり。

段取りが悪いだけでなく、一つ一つの動き自体も非常に散漫で遅い・・・ 多分、テキパキ無駄なく、先を読んで動かないと回しきれない・・・という程の現場を見たこともないので、想像すらできていないのだと思います。

僕は基本的に、スローライフに価値を見出したい方なので、普通は「まぁ、ご当地ならではの特徴だし、急がない、慌てない・・・」と流すんですけど・・・ あえてファーストフード店に入った時は逆に時間を短く済ませたいから来ている訳で・・・
なので、こういうスローなファーストフードはちょっとイライラします。

ぜひ、平日昼時のマクドナルトや吉野家、それの新宿支店などで、ほんもののファーストフード研修を2〜3ヶ月してきてほしいです。
行列ができているのに、客を見ず、無駄な動きで人気のないレジだけ見ていると、もう待っているだけで嫌になってくるので、ファーストフード店を出て、昼飯抜きにして我慢してしまう私なのでした(;一_一)





posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月17日

沖縄市工芸フェア

先日のUC再噴火!? とビビったお腹の不調はほぼ落ち着き、ホッとしていますが、体調は基本的にあまり優れず・・・かといって、やりたいこともいろいろあるわけで、今日は「沖縄市工芸フェア」の最終日に嫁さんと2人で出かけてきました。


沖縄工芸フェア屋我さんブースJweb.jpg


木曜日から4日間のイベントで、今年が12回め。
自宅から遠くないこともあって、ほぼ毎年、あれこれのぞきに来ていますが、今日は今までで一番人出が多かったなぁ。

仕事でいろいろお話をさせていただいている工房の方も何人か出展しているので、ひと通り回ってご挨拶や、近々仕事でも連絡させていただく約束など、楽しく回れました。

さらに、

今日初めてお話ができた工房の方も3〜4名できたんですが・・・これがまた、楽しくもよい作風・作品な上に、みなさん僕とどこかしらで縁があるというか・・・ おもしろいですね、こういう出会は。

これらの工房や作品の紹介は、仕事の成果として後日改めて紹介させてもらえるかな、と考えてますんで、その時にもぜひご覧になってみてください(^^)

で、いくつか嫁さんにもキレイな小物を買ってあげました!えへん(^_^;)

まずはこちら。

屋我さんグラスペン立てJweb.jpg

琉球ガラス、有名ですけど、ここ、Glass Studio尋は昔から好きな工房です。
実は前職のぬちまーすの観光工場内にあるレストランのペンダント照明のかさは、全部、ここの工房にお願いして作ってもらったものです。
嫁さんのネイルサロンで、筆などを立てるのに、ちょうどよい小ぶりなサイズのがありました。
沖縄の海のような色合いなので、ネイルでいらしたお客様の目にも楽しいと思います。

それからこちら・・・

ゆらりら名刺入れJweb.jpg

こちらは、非常に上品で優しい雰囲気の女性が主宰されている工房、ゆらりらさんの作品。
沖縄の木を用いて、女性ならではの柔らかいカタチ・肌触りで、エンジェリックネイルのインテリアにもとても馴染んてくれました(^^)

楽しくも、有意義な日曜だった!






posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月02日

2014年明け

2014年、あけましておめでとうございます。

自宅前からみた、初日の出です。建物にかかってしまって、地平線から・・・とはいきませんでした(^_^;)

2014初日の出01Jweb.jpg

2013年の正月はまだ入院中で、大晦日〜2日まで、外泊許可をもらって自宅で年越し。
これより以前の数年は、職場が年中無休だったこともあって、大晦日〜正月三が日はたいてい出勤・・・ そんな状況が続いていたので、正月気分はほとんどなかっただけに、今、退院・転職もして、正月を嫁さんとゆっくり迎えられることをとてもうれしく感じています。

いつも書いていますが、沖縄の冬の晴天率はとっても低いです。
なので、初日の出をクリアに拝めるというのはとてもめずらしいんです。

昨年は、やや雲が出ていましたがなんとか晴れ。
ところが遥拝・・・となるとこれがまた微妙です。

沖縄は四方を海に囲まれた、けして大きくない島ですから、多くのロケーションで初日の出は海から上がります。
ところが冬の気候のせいなのでしょうが・・・ せっかく晴れていても海上低いところには雲なのか、水蒸気なのか・・・ どちらかよくわかりませんが水平線からそのやや上まで、雲(霞?)がかかることがほとんど。
それで昨年の初日の出は、実際の日の出の時刻より1時間ほど遅い、8時近くに、海上に低くかかった雲の上に太陽が顔をだすという感じでした。

それに比べると、2014年の遥拝は非常にクリアに拝めることができ、皆さんにとっても良い年、前向きな年になるような気がします。

2014初詣02Jweb.jpg


普段ですと、初日の出は4日以降、場合によっては1月中ならいいか・・・と、遅めに参拝していました。
だってものすごく混むから・・・

ところが今年は多分好天に恵まれて、多くの人が大晦日〜大騒ぎ、初日の出を見に大勢出かける。
→ 結果・・・ 昼ごろはお疲れで寝正月、その後の年始挨拶や飲み会に備える・・・という流れになったに違いありません。

昼前に、普天間宮の前を通りがかったら、これまでには考えられないほど行列が短い!

人混み嫌いな僕達夫婦は「正月早々、ラッキー!」とばかりに、元旦の初詣ができることになり大喜び(^^)

2014初詣01Jweb.jpg


社務所前もそれほど混雑していなくて、新しい御札もいただいて満足でした。

お参りを終えクルマへ戻る途中、知り合いの書家さん(この人がまた、とっても濃い、情熱的な自由人)が沿道に露天を出していたので立ち寄ろうと声をかけていたのですが・・・

お客さんが途切れない(^^)
商売の邪魔しても申し訳ないので、しばしクルマの中で待ってみましたが・・・
ほんとにお客さんが途切れない。すごいな!

それで時間つぶしのつもりで、その何件か手前にある、似顔絵描きのおじさんの露天に立ち寄りました。
で、描いてもらった僕達夫婦の似顔絵がこれ。

GK似顔絵.jpg

僕達をご存知の方だったら、「似てる」「似てない」、つっこみどころ満載なのでは・・・!?(^_^;)

描いてもらっている間も、初詣客の人が大勢通り過ぎて行きましたが、「あら、似てるわね」とか、「こんなの描いてもらうのもいいねぇ」等々、いろいろお声をちょうだいしました。

結局知り合いの書家、SOYAMAX氏のお客さんは途切れぬまま・・・
行き掛けに声をかけただけになってしまいましたが、またお目にかかれるだろうと、今日は似顔絵をもって帰宅しました。
SOYAMAXさんのサイトはこちら。僕のギャラリーサイトに掲載している名刺も、即興で描いてくれました(*^_^*)
http://blog.goo.ne.jp/soyamax_b-lbl/

なんか、久しぶりに正月らしい正月を過ごせたように思います。




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月15日

航空ショーと、モータースポーツイベント

今日は那覇空港では、航空自衛隊のエアーフェスタ、その南に位置する豊崎美らSUNビーチではモータースポーツ普及イベントと、2つ共興味があるイベントが同時開催でした。

そのどちらも、友人が関わっているので両方共行きたいのもやまやまなんですが・・・エアーフェスタは以前行った時に、帰りのバス(臨時駐車場までの送迎バス)に乗るのに1時間以上待たされる羽目に・・・ しかも一度、青空を背景にした戦闘機の写真を撮影したいのですが、前回も今回も曇り・・・とても似た天候で、灰色の空が背景なら、以前大量に撮影した写真とあまり代わり映えもしないなぁ・・・と。

そしてモータースポーツイベント。こちらは埋立地の公道をクローズして、GT300のマシン、メルセデス・ベンツがパレード走行するというのが目玉。他に、レーシングカーとやモタードなどの二輪イベントなどを展示、説明することで、多くの人があまり知らず、むしろ(暴走族っぽいイメージで)誤解されているモータースポーツのことを知ってもらおうというもの。

沖縄のような地理的にも隔絶地で、モータースポーツを一般に理解してもらうのは大変なことなので、こちらもとても大切な意味があります。

ただ・・・僕が走れるわけじゃない

展示としても、一般の人向けだし、(お金もかかるから)展示されるマシンも限定的。なので、ちょこっとどんな雰囲気なのか、たくさん人が来てくれているのか・・・それくらいは自分の目でみておきたい。

と、こんな感覚でいました。それでどちらも混雑を避けられるように、両イベントの中間地点に車をおいて、好き勝手に両方見ようという、手抜きな作戦にでました。


まず、モータースポーツイベント会場。けっこう、人は集まっていました。肝心の展示車や、レースクィーン、そしてレンタルカートの体験ドライブなどは行列ができていて、撮影ポイントも2〜3重くらいの人越し。

なので、あまりイベントに関係ない、ちょっと趣味の合う沖縄県内からの展示車両を見てまわりました。

チャレンジャー03Jweb.jpg


レンタルカートも、きれいなマシンに揃えられていて、関係者のみなさんがとても努力してモータースポーツの普及・理解に頑張っているのが見て取れます。

豊崎イベント01Jweb.jpg

現在、沖縄にはちゃんとしたレーシングコース、サーキットがひとつもありません。半年前までは、レンタルカートコースとして作られた、小さなパーマネントサーキットが伊計島にあったのですが、敷地を管理しているホテルの経営が変わり、無くなってしまいました。

今日のこうしたイベントから、少しでもモータースポーツへの理解が進んで、沖縄にちゃんとしたサーキットが建設できるようになるといいんですけど・・・

そうそう、このレンタルカートの仮設コース・・・背景に青い海があって、椰子の木が中央分離帯にある・・・そして公道を使って途中でUターン・・・まさに、USウェスト、ロングビーチグランプリのミニチュアみたいじゃないですか?

せっかくこんな環境があるのに、観光集客イベントとしても、モータースポーツイベントを活用するなんてことになればいいのに!

この豊崎エリアは埋立地で、周囲は商業地域や新興住宅地。 那覇空港の南にあり、航空機が着陸するときに滑走路へアプローチしてくる進路の下にあります。

曇り空でもこんなに青い海の真上を、飛行機が次々と降りてくるのが見えます。

瀬長島アプローチ01Jweb.jpg

なので、この場所からでも、那覇空港のイベントで展示飛行するところは結構見えるんですよ。
ちょうど、こんなふうによく見えます。

2013那覇空自ショー06Jweb.jpg


ブルーインパルスの編隊飛行。これだけの近距離で、等間隔に整列しての飛行。この日もけっこう横風が強かったんですけど、さすがの腕前ですね。

さて、GT300マシンのパレード走行時間が近づいてきたので、それはパスして混雑する前に少し移動します。
なんで見ないのかって?

だって、レースじゃないし、レースモードのスピードじゃなく、ただのパレードですぜ・・・初心者には十分だけど、レースをしてきたものにとってはそれほど珍しいもんでもないし、第一人混み苦手ですから。

というわけで、飛行機見学の定番、瀬長島へ移動しました。
ここはまさに滑走路直前という場所なので、かなり近距離で着陸してくる飛行器を見ることができます。

2013那覇空自ショー03Jweb.jpg


那覇空港内からだと、今日の風なら、飛行器の右側ばかり見ることになるんですけど、瀬長島ですと左側に回りこんで見ることができます。僕の友人たちは空港内に張り付いているので、右側からの写真、基地内のアップ写真はたくさん撮ってくれるでしょうから、ぼくは逆サイドってことで・・・

2013那覇空自ショー01Jweb.jpg

那覇空港は、航空自衛隊と民間の併用空港なので、こんなふうにLCCと戦闘機が1枚の写真の中に・・・なんてことが普通にあります。

ですから、ブルーインパルスがスモークを出した直後に・・・

2013那覇空自ショー08Jweb.jpg

そのスモークが残ったまま、民間機が着陸してくる・・・なんてことも起こる。
この日、この時、乗っていた乗客からはどんな風にみえたんだろう!?

2013那覇空自ショー07Jweb.jpg

あと、もう一つ・・・

瀬長島はすごくネコたちがたくさんいました。
ネコ好きの嫁さんは大喜び。

2013瀬長島ネコ02Jweb.jpg


今日は航空ショーを目当ての車もたくさんきていたので、ひかれやしないかと、ひやひやしました。




この後、ちょっと用事ができてしまい、かるくお茶してからうるま市へ戻りました。
とはいえ、けっこう盛り沢山な1日でした。


posted by macangel at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月01日

五十肩、手強いです(-.-)

今日も朝から整形外科へ・・・

先に診察と注射を打ってもらい、それからリハビリという流れなんですが・・・
結構混雑しております(-.-)

五十肩レントゲン01Jweb.jpg

1年前の入院生活で17kg痩せてしまった時、普通の運動筋肉だけでなく、体幹筋肉までこそげ落ちてしまい、その後療養生活中も腰回りの運動があまりできないまま・・・
腰でいえば、腹筋や背筋、側筋などで腰骨をバランスよく支えていたものが、そのバランスが崩れてしまい、腰痛にも悪影響がでている。
同様に、肩関節も身体の前後から複数の筋肉でバランスよく骨を吊っていて、関節のクリアランス(隙間の間隔)を適正に維持していたらしいんだけど、どうもそこもバランスが崩れて、炎症をおこし、癒着・緊張したままになったようだ・・・

201311五十肩13Jweb.jpg

最初のは炎症を押さえる薬を関節に注射してもらった。
この1本目で、それまでは悪化するばかりだったのが、ようやく落ち着いた。

とはいえ、悪化が止まっただけで、全然回復の兆しは見えず・・・
翌週も抗炎症剤を、こんどは関節の中に注射してもらった。
その後、結構ハードなリハビリを初めて、それから少しだけ、症状に改善の兆しが見え始めた。

その後は、抗炎症剤は炎症も落ち着いたという想定から、ヒアルロン酸を関節の中に注射する処置に変更。
注射してから、ぐりぐり、ハードリハビリを1時間以上やる・・・痛いんだよね、意外と(^_^;)

それをずいぶん続けているんだけど・・・
肩の中止はまだまだ。

今日も診察で、この1週間の状況を説明、今日もヒアルロン酸を関節内に注射しましょう。
・・・ということになったんだけど。

今週はちょっと冷えてきたせいなのか、どうも肩まわりが硬くなっている気がしてた。
で、注射を打ったらやっぱり!

注射針を刺して、薬液を注入しようと押しても、硬すぎて入っていかない。
挙句の果てに・・・力づくでピストンを押したら、逆に注射本体が針から外れて逆噴射・・・
針だけ関節に刺さったまま、注射が分裂・・・ヒアルロン酸が逆流して飛び散った!

痛えなぁ・・・
なんか、普段よりずっと痛いと思ってたら、まさかこんな派手なことになるとは・・・

残った針を抜いて、一旦止血と消毒。
「すみませんねぇ、ちょっと場所をずらしてやりなおしましょう」(T_T)

ただでさえ痛いのが、今の半端な注入で更に痛くなっているのに、
その痛いポイントのすぐうしろに、もう一度痛い注射を打たないといかん・・・ついてないわ・・・

2本めの注射は無事に関節の中に収まり、普段よりもずっと重たくて痛い間隔を残しつつ、リハビリ室へ移動。

2013五十肩12Jweb.jpg

低周波パルス、遠赤外線の後で、いよいよハード系リハビリ。
今日もみっちり1時間半ちかく、肩を動かしてきた。
しかし本当に固くなっていたようで、2週間前の可動域まで戻ってた・・・

担当の理学療養士さんからも、「これはほんとに固い・・・がんこな症状ですねぇ・・・長期戦になりますよ」と、ありがたくないお言葉。
もう大事にするよりも、いじめて動かして良い時期とのお墨付きをもらったので、自宅でも自分でやれる範囲でリハビリしないと・・・

2013五十肩10Jweb.jpg

それにしても、昨年の腰(腰椎椎間関節症)から、半年の病気療養にまでなっちまったUC(潰瘍性大腸炎)、その後の五十肩・・・
なんかトラブルにより劣化した身体が、連鎖的に影響が出てきているみたいで、まいる。ボロボロって感じ・・・

ブツブツ言ってても治るわけじゃないんで、とにかくもう一度体幹から身体作りなおすしかないんだよね。











タグ:五十肩
posted by macangel at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月20日

クリスマスの飾り付け

実はまだ11月、今まさにサンクスギビングなんだけど・・・
僕はクリスチャンではないので、厳密な日にちに関係なく、一足先行してクリスマスの飾り付けを始めた。・・・というか、嫁さんのネイルサロンの飾り付けなんだけどね(^_^;)

ANクリスマス02Jweb.jpg

狭いところだから、こぶりなものばかり、ちょっとずつ・・・
それでも僕が子供の頃に比べたら、ずいぶんいろんなタイプの飾りが増えているよね。
ツリーだってこんなにコンパクトなものが、何種類もあるし(*^_^*)

Xmasクリスタル2Jweb.jpg

光物もLEDが普及して、球切れだってなくなったし、熱もこもらない・・・
だからこんなふうにカーテンにぴったりくっつけて飾り付けても何の問題もおこらない。

電球の温かい灯りも大好きだけど、こういう氷や雪のイメージにはLEDのクールな明かりはあっているね。
それから・・・

2013Xmas自作Jweb.jpg

これは壁にかけて飾っているもの。
実はこれ、スノーボールとリースだけ買ったもので、周りのフレームは自作したもの。
以前、自分で棚を作った時に余った材木があったので、それをアンティーク風に仕立てて、金色のペンキを塗ってみた。

リースだけで飾るより、フレームが背後にあった方が落ち着きがいい気がしたんだ。
ペンキ代600円程度だけでできたから、結構満足してる。

こちらがそのペンキ・・・
水溶性のを最初は探したんだけど、なかなかイメージしている金色がなくて・・・
結局油性ペンキになったんだけど、
おもしろいのが金粉を自分で混ぜるタイプだってこと。

金ペンキJweb.jpg

金粉を混ぜるだけあって、ほんとうにイメージしていた通りのゴールドカラーになった(*^_^*)

ただね・・・またやちゃった・・・
こういうの変わったのを買うと、なぜか必ずといっていいほど何かしらドジを踏む・・・

今回は蓋を開けるのに勢い余って、金粉をテーブルの上にぶちかましてしまった(-_-;)

すぐにすくい集めて元に戻して、ほぼ回収したんだけど、テーブルの木目の隙間にちょっとだけ入りこんだ金粉がとれなくて・・・
テーブルに微妙にゴールドのスジ模様が・・・
奥さんにすぐに見つかって・・・注意をされたのでした(´・ω・`)

XmasBoxJweb.jpg

ネイルサロンの良さのひとつは、季節の美をちょっと先取りして提案していくことでもある。
ファッション、オシャレって、そういう要素が大切だと思っているから。

僕自身、好きで和服を時々着ていた。
嫁さんと僕と、2人で着物を着て、ディナーに出かけたりするんだよね。
いくら着物好きっていっても、やっぱり現代社会で生活していると、わざわざ理由を作らないと着物を着る機会ってまずないから。

で、着物の世界も季節や流行りを、ちょっと先取りするわけ。
それとか、ライブハウスに行くときは、羽織の裏地が実はJAZZをテーマにしたポップなものだったり(^^)
あまり詳しくないけど、茶道の茶室にかける掛け軸や、一輪挿しに飾る草花・・・こういうものもちょっと先取りするのが、教養やセンスだっていうのも同じ考え方なんじゃないかな。

なので嫁さんのネイルサロンでもなるべく季節感を出すように気をつけている。
沖縄にも四季はあるけど、本土の四季とはかなり違う。各季節の長さも全然違うからね。特に冬は雪や霜柱ってのがありえないから、余計にこういう季節の飾り付けで季節感を感じてもらえるように心がけている。

AN天使41Jweb.jpg

そういえば、ネイルの仕事って、化学薬品というか、有機溶剤とか結構使うんだよね。
さすがにペンキ用なんかとは違って人の肌に触れる材料だから、その手の薬剤も、刺激が少なくなるように配合されているし、香りもつけてあってそれなりに嫌な匂いは感じないようにはなってる。
でももっと快適に過ごしてもらえるように、やっと空気清浄機を導入!

プラズマクラスターJweb.jpg

プラズマクラスターの評判がいいのは前からあちこちで聞いていたけど、これ、ほんとによく効きますね!
びっくり。

仕事か絡みの会食の席で、他人のタバコの臭いが服についてしまうことがあるんだけど、そういうのも一晩、服をこいつのそばにかけておくと翌朝には嫌な匂いも消えてるし・・・

これは良い買い物だった!

良い買い物といえば・・・先日、弾丸帰省で東京に行ってきたんだけど、その時に活躍したのがこれ。

ダンボー充電池Jweb.jpg

スマホやタブレットを充電できる携帯バッテリー。ダンボールっぽいデザインなので、ダンボーというらしい(^_^;)
大きさはiPhoneを一回り大きくした感じなんだけど、これでiPhoneなら数回分、iPadでも2回分は満充電できるすぐれもの。

充電口も1Aと2Aの2種類ついているから、2AでiPhone充電するとかなり速く充電できる。
一泊二泊の帰省中、一度もコンセントを探すことなく2台のiPhone(僕と嫁さんのね)の充電をこなし、それどころか家を出て出歩いている最中でも必要な時にいつでも充電できるってのは、かなりストレスフリーなことだってのがわかった(*^_^*)

あれ・・・話がまた飛んでる(爆)


値下げしてましたよ(*^_^*)

タグ:クリスマス
posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月19日

弾丸帰省、その2

実家には、ほとんど夜11時近くになって到着。
ここは僕の弟夫婦の家で、父が90歳、非常に元気。そして今は完全に介護が必要となった母が86歳。基本、父が老々介護で母をみていて、ヘルパーさんや、弟夫婦がいてくれるから、僕ものうのうと沖縄で暮らしていられるようなもの。感謝している。

自宅の門をはいると、コンクリートの叩き部分に・・・双子の甥っ子たちと、愛犬2匹の手形があった(^_^;)

201311帰省手形Jweb.jpg


わんこは、バディとマギー、2匹いたんだけど、今はマギー1匹になっている。そのマギーも若い頃は気の強い性格だったのが今や14歳くらいかな・・・年を取りすっかりおとなしくなっていた。

201311帰省04マギーJweb.jpg


部屋にはいると、昔から絵やら版画やら、いろいろ壁にかかっていたものが今もあちこちに。

だいぶ処分した筈だけど、気に入っているものはさすがに残しているのかな・・・
こっちは「リトル・バンカー」というタイトルだったと思う。

201311帰省02リトルバンカーJweb.jpg


うちの父は、いわゆる花鳥風月的な、一般受けする、毒や主張のないものってのはあまり興味がない。こういう、何かはっきりした意図のある作品が好きだった。

という点では、このシャガールなんかは一般受けするものに含まれている筈だから、例外的に何か好きなところがあるんだろうねぇ。

201311帰省03シャガールJweb.jpg


翌日がメインイベント。

まず甥っ子たちの七五三。実家の真ん前が神社なもんで、そこへ一応お参りに出かけた。

八幡神社09Jweb.jpg


社殿にあがるのかと思ったら・・・なんと何ヶ月も前に予約しないといっぱいでダメなんだそうだ。僕らが子供の頃はこの神社がそんなイベントで混雑することなんて考えもしなかった・・・
なんか、子供絡みのイベントって、どんどん大げさ、大騒ぎになってきているんだろうね。

そんなわけで、計画性の低い矢野家一同は、社殿の前で記念撮影だけすることで一応七五三は終わり。

七五三08Jweb.jpg


そして次のメインイベント。こっちがほんとのメインイベントだったんだけどね・・・これも矢野家らしく、直前でいろいろ予定が大変更。

201311雅雄誕生日01Jweb.jpg


実はオヤジの90歳。弟の意図としては、会社の創業者として、区切りの良い年齢に会社の幹部も招いてちょっとした誕生会をやれるのも最後の機会かもしれない。しかもおふくろさんは、バイタルはあまり問題ないんだけど、認知症についてはもう子どもたちもわからない状態なので、家族が揃ってというのも、今後なかなかできないだろう・・・と考えた。

201311帰省07Jweb.jpg


ところが、形式張ったことや、儀礼的なことに価値を見出さないオヤジさんが、「家族だけでいい。あとは親しい友だちを少し呼べば充分」と、直前になり内容が大幅に変わった。

それで、家族に、ごく少数のおやじの友人(みな、若い)、矢野経済の現社長・・・と、これくらいの集まりになった。

201311雅雄誕生日02Jweb.jpg


シャンパン、前菜なんかで、軽くお祝いして、帰りの飛行機の時間があるので僕達夫婦は早めにお暇することとなる。

中目黒から渋谷へ出て、そこから羽田へはリムジンバス1本。
また夕方発のスカイマークなので、自宅につくのは遅い時間だね。

羽田出発ゲート.jpg



今回も、友人たちとは全然会う時間も余裕もなかった。もう少し、ゆっくり滞在できるといいんだけど。まだまだ全然経済的なゆとりがない・・・
もういい年なのに、これも僕の計画性の無さ故か・・・大丈夫か、老後(-_-;)
タグ:帰省
posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月17日

滞在1日未満の弾丸帰省その1

実家の用事で、11月の9日から10日にかけて、急遽一泊二日の弾丸帰省で羽田空港に夜着いた。

夜の羽田01Jweb.jpg


もう実家では夕食も終わっている時間だし、空港内で食べてからにしようと思い、新しい国際線ターミナルへ移動した。
ここは中部セントレアのように、江戸時代の繁華街のようなインテリアになっている。海外からの観光客にも観て楽しめるんじゃないだろうか。

羽田国際1Jweb.jpg


食べたいものは最初から決めていた。それは・・・
沖縄にないもの。沖縄では食べられないもの。

すき焼き

沖縄は豚文化だし、もちろん、牛肉もあるんだけど・・・良い牛肉はほぼ全量、本土へ出荷される。石垣牛もあるにはあるが、高いし、本土の霜降りA5とはかなり差があるから。

で「たか福」さんに迷わず入店。

羽田山梨ヌーボーJweb.jpg


テーブルに山梨ヌーボーの案内があったので・・・退院以来ほぼ1年、酒は一切飲んでいなかったんだけど「国産のヌーボー、いいじゃないの」と、嫁さんがオーダーしたグラス1杯の半分をいただいた。

フルーツ、それも若いぶどうの爽やかな甘い香り。飲むと意外やさっぱりとしたセミドライ。舌触りもライトで、非常に飲みやすく美味しかった。
日本の白ワインも急速にレベルが上がっている気がする。・・・いや、単に久しぶりに飲んだせいで実際以上においしく感じちゃうのかな・・・!?

そしてすき焼き膳(霜降り和牛膳だったかな・・・?)がこちら。
とてもリーズナブルなお値段ってのもあって、1人用の鉄鍋で既に調理されて供される。

羽田たか福すきやき膳Jweb.jpg


自分で1枚ずつ焼く楽しみはないが、火加減味加減に失敗はなく、何より楽ちんで良い。

後で知ったのだけれど、この「たか福」さんは、僕と同い年の友人がやっている「人形町・今半」の姉妹店なんだそうだ。牛肉料理をカジュアルに楽しんでもらいたい・・・というコンセプトらしいので、いわば今半のサブブランドといったところなのかな。

それだけに、カジュアルなお値段といいつつ、お肉は沖縄では味わえない、期待通りのクォリティ、食感だったし、何より味付けが人形町だね!懐かしい!美味しい!
くっきり、輪郭がたっていて、まろやかな味覚をしっかりシェイプアップして支えてる。

充分においしく楽しく夕食を済ませ、さらに商店街?をチェック・・・s

夜の羽田国際ターミナル01Jweb.jpg


この看板とは関係ないけど・・・京都の抹茶のカフェがあった。
これも沖縄では味わえないテイストの筈・・・と思って、普段なら絶対こんなに食べないんだけど、抹茶ソフトをいただくことにした。

羽田抹茶ソフトJweb.jpg


沖縄のアイスクリームとソフトクリーム。おいしく人気もあるんだけど・・・僕は実はちょっと苦手。何がって・・・牛乳臭いんだよね。

僕はアイスクリームやソフトクリームは、一番シンプルなバニラが好きで、それもちゃんとバニラビーンズの香りがするやつ。

逆に、一見ヘルシーなんだけど、牛乳臭いのはなんか苦手。だから市販のアイスクリームでもハーゲンダッツのバニラが一番好き。

そういう好き嫌いがあるので東京に帰省したら久しぶりにソフトクリームを食べたくなったというわけ。

201311帰省09Jweb.jpg


お味は・・・これも予想通り。全然牛乳臭くなく、バニラの風味の上に、抹茶の香りがツンと立ち、しかもちょうどよく苦味が折り合っている。

抹茶スイーツはここ何年か流行って定番になったけど、抹茶の風味がチープだったり、人工的だったり、全然苦くなかったり、にがすぎたり・・・どうもドンピシャってのがあまりない。

ここのはその全てがバランスが良かったので、珍しく1人で完食(*´∀`*)

やばい・・・たまの帰省だとついつい食べ歩きに熱中しすぎてデブになりそうだ・・・(-_-;)

で、次回に続く・・・

posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月29日

よく効くクスリ

人それぞれ、「これは自分によく効く」「常備薬」というのがあるのでは・・・
頭痛薬や、花粉アレルギーの鼻水止め、下痢止めの正露丸など、内服薬ではメジャーなんじゃないかな。

僕の場合もそういうクスリはいくつかあるんだけど・・・長期にわたり「これ以外に効くクスリがない」という塗り薬がある。それがこの2つ。

ひとつはアンベソルというアメリカの市販薬。口内炎に絶大な効果がある。

2013-11-03 00.21.19.jpg


口内炎って、そんなに深刻なことにはならない。でもなんか、いつも気になって、つい気がつくと舌で口内炎をグリグリいじっている・・・なんてことはないですか?

そういう時に、アンベソルを塗る。口の中に塗るので、ちょっと苦い味がするんだけど、塗った直後から痺れて、味覚も感覚もなくなる。
麻酔系の成分になっているんだけど、こういうクスリって日本ではまず市販薬として承認されないんだろうね、まったく皆無。

良く効く分、多分、合わない人には副作用なんかもあるんでしょう。幸い、僕は30年近く愛用しているけど、そうした副作用は今のところなく、気になる口内炎、ぽっちりふくらんだ奴とか、自分で口内を噛んでしまって切れている時とか、熱いものを食べて粘膜がめくれてしまった時とか・・・とにかくそんな気になる時に非常に即効性があって助かっている。

それからこちらはフランスのものだけど・・・ニキビ・吹き出物・おできに絶大な効果を発揮してくれているサミュエルというクスリ。

2013-11-03 00.23.57.jpg


こっちの成分はいかにもヨーロッパらしくハーブ。ただその効かせ方というかレシピがメリハリが効いている。人によっては「強すぎる」「痛い」って思うかもしれない。

吹き出物ができ始めると、なんかその辺りが固くなり痛くなってくる。もうこの気配が出たら即、これを塗る。ロールオンタイプになっているのでとても手軽に塗ることができる。
そして2日もすると、吹き出物は破裂することもなく、膨らみきることもなく、気づくと消滅している。

両方共、たまにしか使わないけど、絶対手放せない常備薬だ。というか、他にちゃんと効くクスリに出会ったことがない。

日本の軟膏剤、いろいろあるけど・・・どれも全然効かない。危険性を危惧するあまり、もう全然効かないレベルまで牙を抜かれているんだろうね。


posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月19日

以前の職場の送別会

先月末で、8年半勤めた職場を去った。その送別会をいそがしい最中にやってもらえるってことで、ありがたく参加させてもらいに出かけた。

思えば最初にその会社に顔を出した時、東京からいい歳をした若作りなおっさん・・・しかも部長っていうけど、嫌で、小うるさいやつだったらどうしよう・・・と、みんな不安だったんじゃないかな。
でも、とても気持ちよく受け入れてもらって、今も若い同僚たちには感謝してる。

その職場も去ることになったわけだけど、今回は退職しても引っ越すわけじゃないし、今まで通り同じ市内だからね、と。

ぬち送別会Jweb.jpg


土曜日でもその職場は勤務日。年中無休だからね・・・みんな仕事を終えてからってことで8時スタートの宴会だった。
あっという間に閉店の時間となり・・・

記念品?おみやげ?をいただいた。

まず・・・特注の島ゾーリ!(^_^;)
これで僕もいっぱしのうちなーんちゅかな。

矢野島ゾーリJweb.jpg


名前が彫ってあるんで、そのへんで脱いでも、他のやつに履いていかれる心配がない。・・・・いや、酔っぱらいばっかだから無理か・・・やっぱり自宅用に履くか(^_^;)

そして花。花は大好きだから、いいね。
生花は当然、枯れる。だからいつ、なん回もらってもうれしいよ。

ぬち送別会花アップJweb.jpg


今回のアレンジメントには、蘭の仲間だと思うんだけど・・・ミツバチ模様の面白いのがあった。上の花弁に、スワロフスキーのような、光ってみえるストーンみたいな模様がある!
これは自宅の、僕のパソコンデスクの横に飾ってる。

それからこっちは別の花。通販チームの懇親会・送別会でいただいたアレンジメント。

通販送別花Jweb.jpg


みんな、今までありがとう!
posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月13日

うるま市、藪地島

うるま市与那城の屋慶名には、営業日の極端に少ないパン屋がある・・・(^_^;)
月水土の、週3日だけ営業(うらやましい)



屋慶名パン屋Jweb.jpg


小さなパン屋さんで、パンの種類も少ないのだけど、なんか雰囲気がおもしろくて、時々立ち寄ってパンを買う。

屋慶名パン屋店内Jweb.jpg


この日もパンを3つほど買って、近所の漁港にクルマを止めておやつ(*^_^*)
まぁ、味は普通。あまり個性は感じないし、バリエーションも広くない。
でもなんか雰囲気はほんわかしていて、それでいいかな・・・というお味。

その漁港の脇には小さな橋があり、その先が藪地島。

藪地島Jweb.jpg


人は住んでいない小さな島で、一番奥には洞穴遺跡がひっそりとある。
こんな道を延々と進む。途中から未舗装路になり、左右の雑草が覆いかぶさるように伸びているので、クルマのボディサイドを雑草が擦りまくる・・・

藪地小道Jweb.jpg


そして一番奥まで進むと行き止まりとなり、その洞穴遺跡にたどり着く。

藪地洞穴遺跡Jweb.jpg


藪地島洞穴遺跡・・・6500年前の遺跡だそうで、近隣の他に類似する形状の出土物がない、固有のものらしい。

藪地洞穴看板Jweb.jpg


この看板の先をすこし歩いて、海のすぐ側へ降りていくと洞穴はあるんだけど・・・写真は控えておこう。

もうここまで来ると、波が打ち寄せる音が耳に心地よく、もわっとした湿度をすこし和らげてくれる気がした。

posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記