検索ボックス
 

2017年11月19日

タコベル、24時間営業、昭和っぽい

今回はうちからほど近い場所にある「タコベル」というレストランです。

タコベル外観Jweb.jpg

僕は「タコベル」というと、アメリカのタコスチェーン店を思い出すんですが・・・それとは全く関係ないお店です。

メニューだって、タコスやタコライスもあるんだけど、ステーキやらちゃんぷるーやら・・・なんでもやるけど、専門性も無い・・・という、これまたまさに沖縄って感じの標準的な構成です。

タコベルメニューJweb.jpg

本当のプロの味を知っている県外の人には、まったくもって邪道なというか、シロート芸的な料理ばかりの沖縄ですが、沖縄に住むということはそれも含めて満喫するつもりでないと辛いばかりになってしまうでしょう。
そういう意味で、この店はとても沖縄らしくて、たま〜に再来したくなるような、独特の雰囲気もある正統派沖縄レストランです。

タコベル店内01Jweb.jpg

じゃ、何が正統派の沖縄レストランなのか・・・
この答は人それぞれだとは思いますが、僕が14年沖縄に住んでみて、そこから導き出した定義としては、

1.専門性がない。なんでも出す。
2.本格的じゃない
3.昭和前半の空気感
4.店のテイストは店主のかなり強い個人的な趣味

といったところでしょうか。
あと、
5.とにかく座敷席が好き・・・イタリアンレストランなんていいながら座敷席あったり(@_@)

で、ここタコベルはかなりの正統派沖縄レストランだと思います。

先ずメニューは合格。
店内は・・・店主の好みでしょうか、とにかく映画系の装飾がちらほら。
そもそも店外には大きくチャップリンの絵が壁に描いてあります。

タコベル店内02Jweb.jpg

そして、昔のゴージャス・・・いや、あの当時のフレーズなら、デラックスがいいかな。そういうわけわかんない過剰装飾、だけど底の抜けたソファをいつまでも使っていて、それはもう埃っぽいし、色はくすんでいるし、ばね式の座面は沈みこんじゃんてる・・・合格ですね、まさに昭和前半。

これもマストアイテムの一つかも・・・

タコベルテーブルJweb.jpg

ゲームテーブル。
僕はインベーダーが馴染み深いですけど、ここのは花札ゲームでした。
それもまた、ギャンブル好きの酒飲みが多い、沖縄合格!

で、何を食べたかっていうと、僕はステーキランチ(夜でもランチメニューです)。
嫁さんはタコス

タコベルのタコスJweb.jpg

どちらも味は普通に、値段並みに良かったです。

こういうのだけだと、やっぱり寂しいし、何よりこれしか知らないと味覚も広がらないし、ホンモノを知らずして人生を全うするしかないという悲しいことになりますが・・・
普段の生活では24時間いつでもやってるし、手軽な価格で、いろいろメニューもあるので、便利ではあります。

こういう暮らしのペースが、沖縄らしい。




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き