検索ボックス
 

2017年07月23日

5年ぶりのレース

7月23日、急遽5年ぶりにカートレースにでちゃいました。
レース2日前にカート仲間から「今度の日曜日、マシンが空いているから出ませんか?」と連絡が!

4年前のUC発症・劇症化で即入院、2か月の入院生活とその後3か月の自宅療養で、自分のマシンやパーツ類はすべて処分。そしてなにより入院後の2週間で18.5kgも痩せてしまってから、スポーツはもちろん日常生活でも基礎体力を失っていました。だから本当にレースなんて出て大丈夫なのか?というか、完走は120%不可能ということはわかっていました。

でも・・・やっぱり声がかかると走りたくなっちゃうんですね。数年のブランクを経ても。
なので二つ返事で「出る!」って言っちゃいました。

2017ククル0723RMC第5戦07Jweb.jpg


出勤している日よりも1時間早起きして、ククルサーキットへ。
すでにマシンはガレージから出してあり、それを目にするだけでわくわくしてきます。

肝心のレースですが、沖縄RMCシリーズ(Rotax Max Challenge)のマスタークラスです。

5分(だったかな)のウォームアップ兼タイムトライアル
予選ヒート 15周
決勝ヒート 20周 というスケジュールでした。

2017ククル0723RMC第5戦03Jweb.jpg

あさイチ、まずコースを歩いてまわり、レイアウトの変わったところを確認。
1コーナーからインフィールドへのレイアウトがまず変わっていて、首の筋力さえあればたぶんほぼ全開でいけるんだろうなぁ・・・などと考えつつ

マシンに戻りちょこっと確認と調整。

2017ククル0723RMC第5戦06Jweb.jpg

まぁ、5年ぶりだし、なにしろ完走できる体力も筋力も失った状態なので、セッティング云々でなくて安全確認ですね。
そしたらこれ・・・タイロッドが見事に曲がってます。

どうやら前回のレースでクラッシュしたらしいんですけど、目視で見る限りフロントのアライメントは異常なし。ややトーアウト気味だったかなぁ。

あとフロントハブも保管用に締め付けてあったのでそことか、空気圧とか・・・

2017ククル0723RMC第5戦05Jweb.jpg

どうせ連続で走れるのはせいぜい数ラップ。
一応、ヘタレなりに今日の組み立てを、

・ウォームアップ無し、タイムトライアルも一発勝負。体力温存。
・予選ヒートの15周も、1ラップだけ走ったら終わり。
・決勝ヒートの20周は、今の自分は何ラップ耐えられるのか様子見・・・だな

とレースというより体力測定なシナリオです。

2017ククル0723RMC第5戦11Jweb.jpg

じっさい走ってみて、

・タイムトライアルは1ラップで切り上げ。
トップタイムより2秒弱遅い・・・ま、初めて走るレイアウトだし、こんなもんでしょ。

しかし体力以外にもう一つ敵が出現しました。

ステアリングが・・・超、お・も・い・・・・

たぶん前回のクラッシュ後、曲がったタイロッドをそのまま使って急場しのぎでアライメント補正しただけなんでしょう。とにかくコーナーリング時のステアリングがめっちゃ重い。
これだと首だけでなく腕も10ラップももたずに上がらなくなりそう。

・予選ヒート
タイムトライアルの1ラップだけでは、コースレイアウトの変わった部分がどこまで突っ込めるのか全然わからないので、2ラップ(2回)で、ツッコミと出口のどっちを優先するか試してみました。
両極端を試してみたら、やっぱりドライバーとマシンが普通なら、もっと速く走れることは理解できました。でもそれは今の僕のコンディションでは無理というのもはっきりわかってしまって。

・決勝ヒート
さて、ローリングスタートでインフィールドまでは前のマシンより自分の方が速くて、これなら抜ける・・・と思ったんだけど、あえて無理をせず。あとは何ラップ走れるか、自分を試すモードに。

無理に飛ばさないように走っていたのに、5ラップ目にはもう首がコーナーリング中、斜め後ろに折れ曲がり、重たいステアリングは持ち替えて拳でステアリングスポーク(っていうのか、アレ?)を下から押すようにしないと舵角も維持できない。予想以上のヘタレ振り。
最終的に11ラップ走ったところで、「もうマシンも首も抑えられない・・・無理」と、ピットイン。リタイヤしました。

2017ククル0723RMC第5戦08Jweb.jpg

入院のさなか、カートレースはもうできないって思いつつ、また少しずつでもトレーニングしてカラダもなるべく復元して、還暦までレース復帰できたらどんなに楽しいだろう・・・て考えてました。

そして今回、準備は整っていなくても機会をもらえてレースに出てみて、やっぱりカートレースはおもしろい。四輪のレース以上にカラダにハードだし、バトルもがんがんできるし、こんなに血湧き肉躍るスポーツはないと実感。

そんな自分も還暦までもう1年を切ってしまい、とても還暦レース復帰は無理そうです。ただ、還暦にこだわらず、これからも趣味でときどきレースを走れるような体力作りはしておこう・・・と思えたことが今日の収穫ですね。







posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2017年07月15日

VOXのミニアンプ

楽天カードの期限切れ間近のポイントがけっこう溜まっていたので、こんなの買ってみました。

VOXamp01Jweb.jpg

VOXのミニギターアンプ。

6,000円弱というお手頃価格で、ポイントも利用したので3,000円弱で買えました。

で、実際弾いてみたんですが・・・案外いいですね〜
自室で、CD聴きながらギターを合わす程度だったら、全然問題ないレベル。

VOXamp02Jweb.jpg

機能的にも、
・ゲイン(プリ)
・トーンコントロール
・メインボリューム
と揃っていて、更に・・・

入力切替でクリーンから、ディストーションまで3段階切り替えられる。

ここまでで、十分音的に使えるんですが、

・フェイザー
・コーラス
・ディレイ

とエフェクターが付いてます。
エフェクトの掛け方も、深さと長さとコントロールできるし、
それぞれのエフェクターを組合せて使うこともできる。

更に、更に・・・

シンプルだけどリズムボックスまで装備してます。

VOXアンプ05Jweb.jpg

こんな値段で、これくらい遊べる製品があるなんて、今の子供達は物質的にはものすごく恵まれている時代になったものです。

これのベース・アンプもあるようなので、ベース用も買ってしまいそう・・・^^;

VOXアンプ06Jweb.jpg


とここまで書いておきながら、ここ2ヶ月ほどは、クラッシックばかり。
毎日3時間くらいは聴き込んでます。

なので今のところ、うちの奥さんがエアロバイクこいでる時に「もっとノリのいい音楽を」とリクエストがあったので、そんなときには「サンタナ」「ジャーニー」「ボストン」「ツェッペリン」・・・こんな古いロックをもっぱらディストーションかけてCD聴きながらギター族しています。




posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ライフ