検索ボックス
 

2017年01月08日

ワルミというパワースポット

沖縄は、自然崇拝・先祖崇拝が強い文化なので、それこそ、けして広くない島のそこかしこに聖地・御嶽・パワースポットがある。
今回訪れたのは、そんなパワースポットでもどちらかというとあまりメジャーじゃない場所。
ただし、最近、少しずつ知れ渡り始めて、人気赤丸上昇中的なところらしい。

それが、備瀬のワルミ(ワルミバンタともいう)

備瀬2016フクギ並木15Jweb.jpg

備瀬といえば、美ら海水族館からもほど近い、沖縄本島北部の集落。
上の写真のように、フクギという防風林で有名な場所。

ここは歩いても独特の風情がありお勧めだし、水牛車に乗って、ゆっくり集落内を巡るツアーもある。

その備瀬の集落からさらに北へ進んだ、非常にわかりにくい場所にそのパワースポットはある。

ワルミ2016初34Jweb.jpg

一応、ワルミへの入り口にこんな質素な立て看板はあるにはある。
でも、この看板の場所までも、地味でわかりにくい。

で、この入り口というか、ぽっかりあいた森の口へ降り進んでいくと、こんな感じ。

ワルミ2016初35Jweb.jpg

この写真では少し下りた場所から入り口方向を見上げている。
まぁ、沖縄には、こんな森の中に、なんとなく人が行き来するための、獣道のような人道のような、あいまいなルートがたくさんあるので、出歩くときは歩きやすいスニーカーなどがおすすめです。

そしてさらに下りて進んでいくと



ワルミ2016初06Jweb.jpg

足場にだんだん砂が増えてくる・・・
そしてその先、視界が開けると・・・

ワルミ2016初05Jweb.jpg

切り立った岩肌を両側にして、その先にとんでもなく青い海が見えてくる。
ここですでに気分はけっこう高揚してきた(^^;)

そう、ワルミというのは「割れ目」が沖縄風に訛っているんだね。
バンタというのは「崖」のこと。

もう少し進むと・・・

ワルミ2016初26Jweb.jpg


割れ目の真ん中に、唐突に岩がある。
正式名ではないはずだけど、これが「ちんぽ岩」

割れ目にちんぽなので、この岩の右にある、割れ目の岩肌にあるさらに割れた部分と、このちんぽ岩には、お賽銭がたくさん置かれていた。
見るからに、子宝祈願に効きそうな光景だ。

ま、うちは子宝に関係もないので、とにかく波打ち際まで進む。
するとこうなる。

ワルミ2016初23Jweb.jpg


これだとアップすぎてよくわからないか・・・

ワルミ2016初10Jweb.jpg

沖縄の海は、だいたいどこへいったって非常に透明度が高く目を奪われる。
が、ここもなかなか色鮮やかで、神々しい青さ!

実はこの場所、干潮時でないと、ここまでたどり着けない。
この日の干潮が15時だったので、もう陽は西にあり、背後から照らす日差しが、ワルミの崖の影をV字に水面に映し出していた。

ワルミ2016初11Jweb.jpg

もう少し潮がひくと、この波打ち際沿いに歩いて、隣のローカルビーチまで歩いていける。

北中城の「王女の墓」
浜比嘉島の「東の御嶽」
南部の「佐敷城」
そしてこの「ワルミ」・・・・・

沖縄のパワースポットは、霊感やスピリチュアルセンスの無い僕でも、何かを感じられる、非日常で癒やしの空間だと改めて感じ入った次第。













posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2017年01月03日

パブラウンジ・エメラルド(北中城)

沖縄の旅行ガイドブックなどに大概紹介されている沖縄中部のレストランです。
あまりにも有名なので、細かい店の説明ははしょります・・・m(__)m

Emeraldo09Jweb.jpg

ライカムのイオンモールからほど近く、中城湾方面を見渡すことができるロケーションです。

パブラウンジとしてお店が始まっているので、今もそのままの造りになっているのも特徴的です。

Emeraldo06Jweb.jpg


沖縄では、アメリカ的な雰囲気は今となってはどんどん少なくなってきているので、逆にこういう店は貴重かもしれません。

Emeraldo11Jweb.jpg

店内はいくつかの部屋に区切られています。

天候が良ければテラス席もあるようです。

Emeraldo02Jweb.jpg

席につくと、テーブルに写真のような電話があり、これでオーダーするシステムです。

Emeraldo05Jweb.jpg

メニューはアメリカンなものがいろいろありますが、
一番代表的なメニュー「エメラルド特性ジャンボステーキ」をオーダー。

Emeraldo01Jweb.jpg

350gのステーキですが、和牛ではないので、赤身肉は案外このボリュームでも完食できました。
アメリカンビーフのイメージからすると、思ったほどごつくないけれど、アメリカの高級ステーキと比べるとそこまでは行ってない・・・
そういうカジュアルよりちょい上のプレートでした。

付け合わせのスープはコーン系。
沖縄県民に人気の高いアメリカンなスープでは、マッシュルーム+チキン系の味が多いけど、
ここはコーン系でした。

Emeraldo04Jweb.jpg

古きアメリカの時代をイメージさせる雰囲気に浸りたい方には、お店が存続しているうちに行ってみるのも良いかもしれません。

メニューはこちら。

EmeraldoMenu03Jweb.jpg
EmeraldoMenu02Jweb.jpg
EmeraldoMenu01Jweb.jpg

沖縄県中頭郡北中城村字島袋311
050-5845-5863












































posted by macangel at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ歩き