検索ボックス
 

2016年09月24日

沖縄らしい車両たち

沖縄で暮らしていると、内地(本土)ではあまり見かけないクルマ達とよく遭遇する。

身近なジャンルでは・・・路線バス。
いや、バス車両は単なる内地の路線バスの中古(または中古の中古)なんだけど、そのラッピング広告が沖縄らしい。

例えば・・・

沖縄バスキャンベルJweb.jpg

アメリカ最大の缶スープブランド、キャンベル。
もう、アンディ・ウォーホールを思い出します。

それからこんなのとか・・・
沖縄バス広告Jweb.jpg

外貨両替所の広告。
米軍に関わるアメリカ人はもちろん多いわけだけど・・・・・
米軍の周辺で、インド、フィリピンからの人もとても多い。

また、沖縄由来でも、中南米への移民の歴史は長く、ペルーやブラジル、アルゼンチンなども実は縁が深い。

広告関係だと、深みよりダジャレなセンス優先の沖縄なので、卵屋さんのトラックの例では・・・

卵パワートラックJweb.jpg

元祖ゆるキャラ的な、子供の絵のようなタマゴも味があるが・・・
このタマゴ、ちゃんと島ゾーリ履いているんだよね。
(写真クリックすると拡大するので、わかるかな)

あとこんなのとか・・・

軽じゃないYナンバーJweb.jpg

日本の軽自動車、ダイハツ・ミラGINOなんだけど、初期型の頃にごく少数販売された1000cc版!
軽のボディだけど白ナンバーだし、右側には1000のバッジが付いているのでわかりますね。

乗っていたのは、米軍関係者。Yナンバーだし。

それから軍用車両ね。
これも非常にバラエティ豊か。

米軍施設特殊車両03Jweb.jpg

よく隊列組んで、基地間移動してるのに遭遇する。

米軍施設特殊車両04Jweb.jpg

最近の特徴としては、荷台がトラックタイプで後ろに人が乗っていると、大概スマホしているようになったってことかな(^_^;)

米軍用車001Jweb.jpg

もちろん、自衛隊の車両(写真上)にもあうけど、頻度は米軍車両のほうが圧倒的に多い。

米軍施設特殊車両01Jweb.jpg


そうそう、米軍基地がものすごく多いので、緊急車両もアメリカ製をよく見る。

ホワイトビーチフェスタ036Jweb.jpg

いつも思うが、アメリカの消防車ってカッコいいよね。
とにかく ド派手で、
英語では「ファイヤー・エンジン」
とにかく、カッコいい。

ホワイトビーチフェスタ051Jweb.jpg

消防士だって英語なら「ファイヤー・ファイター」
その制服姿も似合っていてかっこいいし、子どもたちも憧れる職業になってる。
日本の消防庁も、なんかもっと、真面目なだけじゃなくて、もっとカッコよく演出してもいいと思うんだけどなぁ。

子どもたちにも、女性にも、もっと人気が高まって、隊員たちの士気も更に上がると思うんだけど。

ホワイトビーチフェスタ039Jweb.jpg

というのも、米軍の消防車には
「アメリカを防衛するものを守る」と書いてあり、
日本人や沖縄も守る・・・・とは書いてない。

日本の消防庁、これ位、ベタに国民のためにカッコつけようよ!

米軍消防車01Jweb.jpg


上の写真はハシゴ車だけど、下の写真はポンプ車。
ピアーズ社製の8500cc

ホワイトビーチフェスタ042Jweb.jpg

この操作盤だってめっちゃキレイでカッコつけてる。

ホワイトビーチフェスタ048Jweb.jpg

三菱ふそうのとは大違いだ。

ホワイトビーチフェスタ045Jweb.jpg

こちらが運転席からの眺め。
巨大なエンジンが、運転席のすぐ脇に抱えるようにあるので、運転中はかなり熱いそうだ。

アメリカ製なので、もちろんAT。
この排気量と重量でATだから、やはりアメリカはでかいものを作るのは得意だね。







posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄

2016年09月04日

琉球BBQ Blue

たまには沖縄らしい景色を観ながら、ちょっと贅沢にランチでも・・・と思って出かけてみました。
琉球BBQ ブルー

20160914カフーリゾート14Jweb.jpg

ここは恩納村にあるリゾートホテル&コンドミニアムの中にあるいくつかあるレストランの一つで、建物の高層部にあるので、テーブルからも東シナ海の絶景を眺めつつ焼肉・バーベキューがいただける、まさに沖縄でリゾートライフするならこんなイメージだよね!という感じ。

焼肉のグリルのすぐ先がこの景色って、スゴくないですか?

20160914カフーリゾート13Jweb.jpg

当然、ディナーでは、まず青い海は見えなくなるし、なによりお値段がリゾートホテル価格になってしまい、うちの家計には厳しい。なのでオススメはランチ利用からだと思う。

ランチはメインディッシュを一つ選んで、あとはビュッフェ形式でサラダや副菜があれこれ選べるというスタイル。

僕は、柚子香るローストビーフ丼をメインに。

20160914カフーリゾート11Jweb.jpg

奥さんは、
豚と牛の肉盛り膳(だったかな・・・)をメイン。

20160914カフーリゾート10Jweb.jpg

これにさっき書いた通り、サラダバーや惣菜、ドリンク、デザートなどあれこれ選べて1人2000円しないくらい。

20160914カフーリゾート07Jweb.jpg

せっかく沖縄で暮らしているんだから、たまにはこういう沖縄の美点を満喫するための時間も捻出しないといけないなと、改めて、久しぶりに、感じ行った次第。

いやはや、普段仕事・生活に追われすぎていた気がする・・・




カフー リゾート フチャク コンド・ホテル

沖縄県国頭郡恩納村字冨着志利福地原246-1

posted by macangel at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き